未公開のオリジナルストーリー搭載!プレイヤー参加型推理パチンコ 「CR金田一少年の事件簿」 新機種発表会開催 メンタリストDaiGoさんが謎解きメンタリズム、小柳ゆきさんがオリジナル楽曲を披露

PR TIMES / 2013年6月18日 17時46分



 株式会社サンセイアールアンドディ(本社:愛知県名古屋市 代表取締役:梅村 義孝)は、パチンコ『CR金田一少年の事件簿』を新発売するにあたり、2013年6月18日(火)、赤坂Blitz(東京都港区)において新機種発表会を開催致しました。当日は、メンタリストのDaiGoさんと、本機種に収録されているオリジナル楽曲を歌う小柳ゆきさん、そして「金田一少年の事件簿」の原案・原作者である天樹征丸先生をお迎えしました。


■ 発表会ではDaiGoさんと小柳ゆきさんがパフォーマンスを披露し、心をつかむ
◇メンタリストDaiGoさんが見事に、相手が思ったことを言い当てるメンタリズムを披露◇

 イベント当日は、今回の新機種『CR金田一少年の事件簿』のために天樹征丸先生に書き下ろされたオリジナルストーリー「長崎十字架島事件」の事件の内容、4人の容疑者がDaiGoさんによる進行で紹介されました。その後、メンタリストのDaiGoさんが、相手の考えていることを読みとって言い当てるメンタリズムパフォーマンスを実際に行いました。DaiGoさんが発表会の取材にきたプレスの方をランダムに選んでステージにお呼びし、その方が犯人だと思う人物の名前を最初の1枚の紙に書き、その後、他の3人の名前を各々、別の紙に書いて頂きました。そしてDaiGoさんが書かれた紙を基に質問をしていき、相手の仕草や表情のちょっとした変化を瞬時に読み取り、あらかじめ容疑者だと紙に控えてあった人物の名前を見事に言い当てました。すると、緊張感にあふれた空気を破るかのようにどよめきが起こり、驚きの声と共に拍手が沸き起こり、会場を一つにしました。


◇DaiGoさん・小柳さん・天樹先生が新機種と金田一少年の魅力を語る◇

 イベントではその後、DaiGoさんに加え、『CR金田一少年の事件簿』で本機種のために作られたオリジナル楽曲を歌う小柳ゆきさんと、「金田一少年の事件簿」の原案・原作者である天樹征丸先生が登場しました。
 そこで、まず、単行本などのシリーズ関連書籍の発行部数が累計9,000万部を超えた作品「金田一少年の事件簿」の魅力についてお聞きしたところ、原作者である天樹先生は「金田一少年の事件簿の面白さは意外性にあると思います。なんでこの答えになったのか、というのがその前にヒントが描かれていて、読み返すとここでだまされたのかというサプライズがこの作品にあります。」とお話いただきました。また、小柳さんは「ほぼ全巻読ませて頂いております。先が気になって読まずにはいられない作品です。」と作品のファンとして魅力をお話いただきました。DaiGoさんは「読者として、心理的にトリックにはめられた感じが魅力としてあります。そして辞書を読むようにいったりきたりしながら、みんなが引っかかるであろう場面やセリフなどを探して読むのが好きです。」と、メンタリストならではの「金田一少年の事件簿」の読み方をお話いただき、ゲストの皆さんそれぞれの「金田一少年の事件簿」への思い出や魅力について語っていただきました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング