これからの消費生活に悩める方、必見!増税社会の賢い消費術「スマートバイ」

PR TIMES / 2014年3月13日 16時33分

【全国20~50代男女への消費増税に関する意識調査結果】
理想と現実のギャップ!?増税後の消費意識と現状の消費に矛盾。
これからの消費生活に悩める方、必見!
増税社会の賢い消費術「スマートバイ(Smart Buy)」
商品ジャーナリスト(元「日経トレンディ」編集長)北村 森 氏 監修



マーケティング&リサーチ会社である株式会社シタシオンジャパン(所在地: 東京都中央区 代表取締役会長兼社長:小出紘道)は、元「日経トレンディ」編集長で現在は商品ジャーナリストとして活躍する北村 森 氏監修の下、20代から50代の男女1,520名に増税後の消費意識に関するアンケート調査(※1)を実施しました。
※1:調査実施期間:2014年2月15日、16日/調査対象:東京都・大阪府・仙台市・名古屋市・福岡市の20~50代男女1,520名

結果、増税後の生活について「現在の生活レベルを下げたくない」と約8割が回答。そのため支出や購入頻度を減らし、商品をより厳選して購入するなど、消費自体に対して慎重になるという意向が調査によってみえました。
しかし、現状の消費意識について聞いたところ、現在も厳選購入の意向はあっても実際には賢い消費が出来ておらず、それとは正反対の無駄な消費から失敗を経験しており、増税後の消費意識と現状実態が矛盾していることになります。

調査結果を踏まえ北村氏は、「消費者にとって悩ましい4月増税。負担増が足かせとなり、これまでのような買い物に躊躇してしまったり、“買い物レベルは下げたくない”と思いつつ、”良いモノは必ず値が張る”という思いから、我慢する人も多いと思います。しかし、リーズナブルで高品質な商品を見極める“目利き力”を養い、賢く消費すること=「スマートバイ(Smart Buy)」を取り入れることで、理想的な消費生活を叶えることができる」と述べています。

以降、調査結果と共に、北村氏が提唱する「スマートバイ」の考え方と、日常生活に関わる「衣・食・住」ジャンルにおける増税社会におススメな「スマートバイ」アイテムをご紹介します。

【商品ジャーナリスト(元「日経トレンディ」編集長) 北村 森 氏監修 調査結果サマリー】
【1】増税後の消費意識調査
増税後の消費意識は「慎重派」が多数。一方、現状の消費と増税後の消費意識に矛盾。
・(1)増税後の生活レベルの願望と不安
増税後は生活レベルは下げたくないと思う一方、増税後の生活は苦しくなるのではと不安視
・(2)増税後の消費意識
増税後は消費を減らし厳選購入の意向
・(3)増税前の消費意識
現状も厳選購入の意向は強いが実際は賢い消費が出来ていない

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング