スリック、国産高精度アルミ三脚「グランドマスター3」「グランドマスタースポーツ3」を1月30日に発売。

PR TIMES / 2014年1月24日 13時22分

グランドマスター30周年記念キットとしてクイックシューをサービス。

スリック株式会社(本社:埼玉県日高市、代表取締役社長:山中 徹)は、ロングセラーの国産高性能三脚「グランドマスター」をモデルチェンジ、グランドマスター3・グランドマスタースポーツ3として、1月30日に発売いたします。デジタル一眼レフが高画素・高精細化するなかで、より三脚の有用性が高まったため、ハイエンド一眼レフにも対応する三脚として市場に投入していきます。



株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山中 徹、以下ケンコー・トキナー)は、スリック株式会社(本社:埼玉県日高市、代表取締役社長:山中 徹)製造の国産中型アルミ製三脚「グランドマスター3」「グランドマスタースポーツ3」を1月30日に発売いたします。また、発売記念として、初回各150台ずつを「マグネクイックシューDQ-S(¥7,600)をサービスで付属した「30周年記念キット」として発売いたします。


価格
グランドマスター3 30周年記念キット 希望小売価格(税別)¥49,800

グランドマスタースポーツ3  30周年記念キット 希望小売価格(税別)¥46,800

スリックは国産プロ用三脚のパイオニアとして1948年から三脚製造を始め、1950年代には多くの新聞社で使われている三脚「スリック マスター」を完成させました。

1983年にマスターを発展させた3ウェイ雲台搭載モデル「グランドマスター」「グランドマスタースポーツ」を発売しました。30年を経て、使用全高を見直し、180cm近くまでサイズアップした「グランドマスター3」「グランドマスタースポーツ3」にモデルチェンジしました。

グランドマスター3はステーを装備したハイアングルモデル。3本の脚とエレベーターを連結するステーにより、脚同士が連動して開閉します。さらにステーストッパーの使用で、脚の開き幅を自在に調整できます。

グランドマスタースポーツ3は三段階開脚機構を装備した、ハイポジションからローポジションまでカバーするマルチポジションモデル。長いエレベーターを付属の短いエレベーターと交換すると、地上最低高340mmをカバーします。

共通の特長として、パイプ径28mmのナット式脚ロックを採用、報道用モデルと同等の高い信頼性を誇ります。持ち運びに便利なストラップを標準装備。エレベーターはギア式で高さの微調整に便利な構造。雲台部分にはハンドルの素材や太さを変更し、より握りやすく、使いやすく改良された「SH-805」を装備しています。

精密で滑らかな動き、カメラネジの真下に縦横方向の動きの回転軸がくる、左右対称デザイン。カメラ取り付け面はカメラ底となじみがよく固定力に優れるゴム入りコルク。また、スプリング入りのダブルナット式カメラネジ採用で、カメラ側に押しつけなくてもネジを回すだけでネジがカメラの中に入っていくので取り付けがスムーズな構造を実現しました。

仕様 グランドマスタースポーツ3
全高:1,795mm
エレベーター下げ全高:1,535mm
縮長:790mm
地上最低高:340mm
重量:3,320g
最大搭載重量:5kg
パイプ径:28mm
段数:3段

仕様 グランドマスター3
全高:1,790mm
エレベーター下げ全高:1,530mm
縮長:785mm
地上最低高:670mm
重量:3,670g
最大搭載重量:5kg
パイプ径:28mm
段数:3段

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング