「キリン一番搾り生ビール」が乾杯シーンをより楽しくする「一番搾リング」を公開

PR TIMES / 2014年6月9日 17時12分

オグルヴィ・ワン・ジャパン株式会社が、企画・制作を担当

キリン株式会社(以下「キリン」)が、「一番搾リング」を2014年5月26日にローンチ。オグルヴィ・ワン・ジャパン株式会社(以下「オグルヴィ・ワン」)が企画・制作を担当しました。
ビールを飲むことの楽しさを伝えたいキリンと、リコーグループの最先端の全天球(縦横360°)カメラを結びつけ、この企画が生まれました。

「一番搾リング」は、友達同士で乾杯した瞬間の笑顔を、全天球カメラでぐるりと輪のように撮影することができる装置です。写真はその場で自分のスマートフォンにダウンロードして、ソーシャルメディアへも簡単にシェアできます。

5/26(月)の日本代表を応援するサッカーイベントにて初公開され、渋谷を皮切りに、日本全国4箇所の一番搾りのブランドコンセプトショップ「キリン一番搾りガーデン ブルワリーエクスペリエンス(以下一番搾りガーデン)」や、全国9箇所の工場でも順次展開される予定です。大きな反響を呼び、色々なメディアで掲載され始めています。

キリン株式会社 CSV本部 デジタルマーケティング室 土谷友理恵氏は、次のようにコメントしています。
「お客様が乾杯を前にした一番ハッピーな瞬間を分かち合う企画。写真を撮る瞬間はもちろん、撮った後も楽しさが続くことが企画の新しさです。撮った写真をスペシャルサイトで360°グリグリ操作することでデジタル上で臨場感が味わえます。いつもの乾杯をスペシャルな乾杯に変えたいという思いで企画しました。」

オグルヴィ・ワン クリエイティブ・ディレクターの阿部晶人は、企画・制作に携わった思いを次のように述べています。「お酒にまつわるシーンの中でもとびきり幸せな「乾杯」の瞬間を、楽しく記録し分かち合ってもらえればという思いで企画しました。“デジタル”と聞くとネット上での表現だと思われがちですが、今回のように店頭の“装置”をアイデアの起点として展開していく方法もこれから増えていくことでしょう。」

ブランド名:「キリン一番搾り生ビール」
キャンペーン名: 「一番搾リング」

<スタッフリスト>
クライアント:キリン株式会社
広告会社:オグルヴィ・ワン・ジャパン株式会社
クリエイティブ・ディレクター:阿部 晶人
アートディレクター:石塚 展久
制作会社: 株式会社たき工房 / ARTISAN 株式会社 / 株式会社マスクマン

------------------------------------------------------------------------------------------------------
一番搾リングとは
一番搾りで乾杯するときに、仲間と心を一つにしてもらいたい、またそんな瞬間をドラマチックに残してほしいという思いから、一番搾リングの企画が生まれました。工場や一番搾りガーデンのテーブル中央に設置した特殊なカメラで、乾杯の瞬間を360°写真として撮影いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング