東大発ベンチャーLPixel、ライフサイエンス研究者向け 論文紹介スライドまとめプラットフォーム「ゼミログ」をリリース。

PR TIMES / 2014年11月18日 11時13分

つながる論文、科学をもっとオープンに。

エルピクセル株式会社(本社: 東京都文京区、代表取締役社長: 島原佑基)は、株式会社ズカンドットコム(本社: 東京都中野区、代表取締役社長: 山出潤一郎)との共同開発により、ライフサイエンス研究者向けの論文紹介スライド等を共有するプラットフォーム「ゼミログ」をリリースいたしました。従来、大学の主に理系の研究室において、一度発表・共有された後は、事実上使い捨てになってしまっていた「英語論文の和訳・まとめスライド」をアーカイブすることで、最新の知識を分野ごとに集め、皆で共有していこうというサービスです。



 ライフサイエンス研究は世界的に競争が激しく、研究の動向を把握するために論文を読むことは極めて重要です。そのため、日本の大学の研究室では定期的なゼミにて、当番制で各研究者が気になる論文を研究室の他のメンバーに発表する文化があります。しかし、そのような発表は研究室内のみで行われることが通例であり、論文に関するコミュニケーションの場はクローズドになりがちです。今回提供するサービスは論文まとめのアーカイブとコミュニケーションの場として特化しており、より多くの研究者に論文紹介スライドを共有したり、共有された論文に関して意見交換することが可能となり、日本の研究教育をさらに加速させます。

 研究者・学生は自分の研究領域の最新の知識・情報にアクセスすることができ、大学・ゼミ単位では研究の内容を発信できるブランディングに生かせ、高校生にとっては研究内容をより実感できる進路決定の指標のひとつにもなることから、幅広い活用が生まれていきます。もちろん、卒業論文等の作成には欠かせない資料となります。たとえば2週間かけて読み込んだ最新の英語論文のまとめを、5分で理解することができるようになります。ゼミログは、その貴重な資料を皆で集め、投稿するサイトです。各分野の論文を通じて研究に特化したコミュニケーションの場を提供することにより、研究の促進・効率化を目指します。

 ゼミログは、まずライフサイエンス系から始まりますが、近い将来、より分野を広げ、さらには論文そのものを集積できる幅広いプラットフォームをめざしていきます。


ゼミログのサービス内容について
 ゼミログ(URL: http://zemilog.com/)では論文紹介スライドの共有、コメント投稿等が可能です。論文は分野ごとに分類されており、キーワード検索等と別に研究者が興味ある分野に関するスライドを検索することもできます。
<主な機能>
○スライド共有:投稿、閲覧、コメント、いいね等
○論文200字紹介:読んだ論文について200字以内で簡単にまとめて共有するコミュニティ
○スライド見本:伝わりやすい論文紹介スライドの見本(テンプレートとして利用可)
○フリートーク:実験、研究、学会、論文についてなど幅広く自由に議論できるコミュニティ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング