はやぶさ2ミッションへのQoncept vSLAMの貢献

PR TIMES / 2018年8月2日 17時1分

Qoncept vSLAMを用いた小惑星リュウグウの3次元形状復元

株式会社Qoncept, 株式会社モルフォによる宇宙探査イノベーションハブ事業「テクスチャレスシーンのためのロバストなVisual SLAMの研究」の成果によるvSLAM技術が,はやぶさ2ミッションのタッチダウン運用などに貢献することが、はやぶさ2記者説明会(18/08/02)で報告されました。



株式会社Qonceptでは、はやぶさ2から受信した複数枚の静止画像から、リュウグウの3次元形状復元処理を行い、精密な3Dモデルデータを作成します。今後この3Dモデルデータを使った閲覧アプリやVR体験アプリによって、リュウグウの形状や大きさ、はやぶさ2の動きなどをわかりやすく可視化する予定です。

40kmから撮影した連続画像よりvSLAM処理を実施した処理例を示します。
[画像: https://prtimes.jp/i/27294/7/resize/d27294-7-312796-0.jpg ]

お問い合わせ: contact@qoncept.co.jp

宇宙探査イノベーション事業について
テーマ:テクスチャレスシーンのためのロバストなVisual SLAMの研究
研究内容:Visual SLAMの動作環境をより広げるため、従来の特徴点ベースSLAMに加えて、エッジ情報や、わずかな陰影を特徴量として利用するなど、シーンごとに適する特徴を切り替えることの可能な統合型のVisual SLAMの開発
http://www.ihub-tansa.jaxa.jp/topics_vslam.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング