プロジェクト管理クラウド『My Redmine』に新機能「チケットパネル」 プロジェクトの状況を視覚的に捉え、ドラッグ&ドロップで直感的に操作

PR TIMES / 2020年7月16日 19時40分

新機能「チケットパネル」がMy Redmineで使えるようになりました。カード形式でステータスごとにチケットを表示し、プロジェクトの進捗状況が一目で分かります。

ファーエンドテクノロジー株式会社(所在地:島根県松江市 代表取締役:前田剛)は、プロジェクト管理ソフトウェアRedmineのクラウドサービス『My Redmine』でチケット一覧をカード形式の一覧として表示する機能「チケットパネル」を新たに追加いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19168/8/resize/d19168-8-580781-4.png ]



■ チケットパネルとは

『My Redmine』は、クラウドで利用できるプロジェクト管理/課題管理ツールです。
業務上のやるべきタスクを「チケット」として登録し、「誰が」「何を」「いつまでに」を管理し、プロジェクトの進行状況を管理をします。登録した「チケット」はリスト形式の一覧で業務の状況を確認したり、ガントチャートで全体の進捗状況を確認できます。

新たに追加した機能の「チケットパネル」は、チケット一覧をカード形式でかんばん風に表示する機能です。チケットはステータスごとに表示され、プロジェクト全体の進行状況や業務のボリュームを視覚的に捉えることができます。また、チケットはドラッグ&ドロップでステータスを簡単に変更でき、直感的な操作が可能です。
視認性の高い「チケットパネル」は、より直感的に状況を確認したい場合に活用できます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/19168/8/resize/d19168-8-829466-8.png ]



■ チケットパネルの特長

(1)各チケットの進行状況を一目で把握
チケット一覧では縦方向への一次元的な表示でしたが、「チケットパネル」では横方向にステータスが加わったことで二次元的な表示となり、各チケットの進行状況を一目で把握できます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/19168/8/resize/d19168-8-952984-5.png ]



(2)ドラッグ&ドロップで直感的に操作
カード形式のチケットはドラッグ&ドロップでステータスなどを簡単に変更でき、直感的に操作できるのも特長のひとつです。(ドラッグ&ドロップの操作もチケットの履歴に残ります)例えば、ミーティング時のタスクの棚卸しで、コメントを必要としない場合などに簡単な操作でステータスを変更できます。


[画像4: https://prtimes.jp/i/19168/8/resize/d19168-8-285423-6.png ]

(3)多様な角度からチケットの状況を確認
チケット一覧と同じようにフィルタやオプションを使うことで、トラッカーやバージョン、担当者ごとなど、多様な角度からチケットの状況を確認できます。カスタムクエリを使ったグルーピングを併用することでより細かな状況を知ることができます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/19168/8/resize/d19168-8-803707-7.png ]



■ チケットパネルがご利用になれるお客様

My Redmineをご利用のお客様
(次のお客様を除きます(1)RedMicaへの切り替えがお済みでない一部のお客様(2)Adminサポートプランをご利用のお客様)

■ 無料でお試し可能
本機能を含むMy Redmineは、無料でお試しいただけます。My Redmineのウェブサイトよりお申し込みください。
https://hosting.redmine.jp/

■オープンソースとして公開予定
「チケットパネル」はファーエンドテクノロジー株式会社が開発したRedmine用のプラグインです。
本プラグインは、My Redmineで提供するRedmine互換ソフトウェア「RedMica」の公式プラグインとして、2020年8月をめどにオープンソースソフトウェアとして公開予定です。

<My Redmineについて>
『My Redmine』はプロジェクト管理ソフトウェア「Redmine」互換のオープンソースソフトウェア「RedMica」をクラウド上で利用できるサービスです。(「RedMica」は、Redmineの次期バージョンの新機能を先行して利用できるRedmineディストリビューションで、ファーエンドテクノロジー株式会社が公開)
『My Redmine』では、プロジェクトにおけるタスクを管理したり、進捗状況や情報をチームで共有したりできます。テレワークなど自宅からの利用や、会社の本店-支店間など離れた拠点同士でも情報共有が行えます。現在、800社以上にご利用頂いています。

<ファーエンドテクノロジー株式会社について>
ファーエンドテクノロジー株式会社(島根県松江市)は、オープンソースソフトウエアを利用したサービス、およびソリューションを展開しています。特にオープンソースのプロジェクト管理ソフトウェア「Redmine」の開発と普及には10年以上積極的に貢献しています。「Redmine」のクラウド版サービス『My Redmine』の提供等も行っています。

【会社概要】
会 社 ファーエンドテクノロジー株式会社
代表者 代表取締役 前田 剛
設 立 2008年9月9日
所在地 〒690-0003 島根県松江市朝日町498番地 松江センタービル
TEL  0852-21-0460
URL   https://www.farend.co.jp/
事業内容・クラウドサービスの提供
・コンサルティング(クラウドサービス導入支援、情報セキュリティ)

【本件に関するお問い合わせ】
ファーエンドテクノロジー株式会社
マーケティンググループ
担当: 遠藤

Webサポート窓口
https://www.farend.co.jp/contact/web-support/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング