夏のwithコロナは自宅で!花の香りの新しい楽しみ方のご提案 全国小学生対象 花と香りの作文アワード開催8/1~無料オンラインワークショップ&KAORIUM CREATIVE AWARD 作品募集開始

PR TIMES / 2020年7月28日 17時40分

SCENTMATIC株式会社(代表取締役:栗栖俊治、本社:東京都、以下「セントマティック」)は、全国の小学生を対象に香りから物語を創るオンラインワークショップ(参加費無料)を実施し、そこで生まれた物語を作品として募集する「KAORIUM CREATIVE AWARD」を開催します。2020年8月1日(土)よりワークショップを開催し作品募集を開始いたします。コロナ禍で外出できず、短縮される未曾有の夏休みに、見えないものを言葉に置き換える感性を磨くきっかけを提供いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-971725-4.png ]


■「KAORIUM CREATIVE AWARD」開催の背景

「KAORIUM CREATIVE AWARD」は、「香り × 言葉」の超感覚体験を通じて、心豊かな社会を目指す共創型プロフェッショナル集団「セントマティック」が主催・運営しています。全国の小学生を対象に香りから物語を創るワークショップを実施し、そこで生まれた物語を作品として募集します。香りから物語を生み出す今までにない新しい体験と、そこから生まれた作品を広く共有し・顕彰することを通じて、豊かな感性を育み、「新しい香りの楽しみ方」「香りから豊かさを感じられる生活」を提案していきたいーーそんな思いから本アワードを始動しました。

本年は、コロナ感染拡大防止による外出自粛のため、花火大会やフェスなど多くの夏イベントが中止となり、テーマパークやレジャーなどにも積極的に出かけられず、子供たちにストレスが溜まりやすい傾向にあります。自宅に「お花」があると交感神経活動が25%低下し、ストレス状態が緩和されると言われています※1。また夏休みの宿題で、デジタルネイティブ世代の多くの子どもの障壁となるのが、日記、作文、読書感想文です。親の悩みの一つともなっている子供の文章能力に対し、お花の香りを感じ、言葉にしていくこれまでになかった新しい体験は、子どもの左右両脳を活性化することで感性を呼び覚まし、「これ、本当にうちの子が書いたんですか?」と、ご両親も驚くような体験を提供します。

※1出典:千葉大学環境健康フィールド科学センター

■第一回テーマはコロナ禍の社会課題でも注目された「十分きれいなのに廃棄されてしまうお花”ロスフラワー”の香り」

第一回目となる「KAORIUM CREATIVE AWARD」は、ロスフラワーに命を吹き込み花のある生活を文化にする「RIN(リン)」とのコラボレーション企画として開催します。テーマは、コロナ禍でも社会課題として注目された、花農家や結婚式、イベントや花屋さんなどで、見た目なども十分きれいなのに廃棄されてしまう「お花(ロスフラワー)の香り」を設定しました。香りから花と向き合うことで、子供たちが花のある生活についても考える機会につなげます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-969282-3.jpg ]



■「KAORIUM CREATIVE AWARD」実施概要

【イベント名】
「KAORIUM CREATIVE AWARD」
きみの感性でオトナを驚かそう!「香り × 言葉」の超感覚体験で香りから物語を創って応募しよう
URL: https://scentmatic.co.jp/kaorium/award/01

【募集作品】
今までになかった「香り × 言葉」の超感覚体験を、香りから物語を生み出すオンラインワークショップとして実施し、ワークショップで完成した物語を作品として募集します。

【参加・応募費】
無料

【対象年齢】
小学1~6年生 
※ワークショップには、親子での参加も可能です。

【審査スケジュール】
応募期間 :8月1日(土)~9月15日(火)
結果発表:10月中旬予定
賞品発送:10月下旬予定


[画像3: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-498185-5.png ]


※応募作品数により、日程が変更となる可能性がございます。ご了承ください。

【審査員】
河島 春佳 株式会社RIN代表 フラワーサイクリスト
谷中 修吾 ビジネスプロデューサー・クリエイティブディレクター
      BBT大学 グローバル経営学科長・教授/一般社団法人INSPIRE 代表理事
栗栖 俊治 SCENTMATIC株式会社 代表取締役
他スペシャル審査員(近日公開予定)

【賞について】
ご応募いただいた物語作品の中から、審査員の審査により入賞作品を決定いたします。
※賞及び賞品は、近日公開予定です。

<ご参考:プレイベントの様子>
うつくしい小説のような一節。小学生の女の子が香りから作った物語作品への驚き

地域から愛され人と自然と技術が共生する100年企業を目指し資源を再生している石坂産業が運営する、三富今昔村の東京ドーム4個分の広大な自然体験フィールドを貸し切り、5組のご家族様が十分に距離をとった状況でのプレイベントを行いました。ここはかつて不法投棄が繰り返されたゴミの山で、少しずつ生物多様性の高い里山に復元した場所です。参加した子どもたちは、普段意識しないゴミについても「SDGs(持続可能な開発目標)」の視点で、身近に感じられるきっかけとなりました。また広大な大自然の中、密にならずに楽しみながら想像力を膨らませることができ、珍しい香りのする葉っぱやハーブなどの香りから、物語を生み出しました。「香り × 言葉」の超感覚体験は、子供の感性を引き出し、大人があっと驚くような物語につながりました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-981586-6.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-810347-9.png ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-148486-10.png ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-781432-8.png ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-283218-7.png ]



■主催・運営

[画像9: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-785900-0.jpg ]

SCENTMATIC株式会社
セントマティックは、香りの超感覚体験をつくる共創型プロフェッショナル集団です。2019年には、香りと言語の変換システム「KAORIUM(カオリウム)」を開発。テクノロジーの力で香りをより豊かに楽しめる体験をデザインし、人々の香りの感性や生活をアップデートしていきます。 https://scentmatic.co.jp/


[画像10: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-220913-2.jpg ]

株式会社ミライLABO
ミライLABOは「世界をもっとカラフルに。」をミッションに掲げ、感性教育の保育園「ミライラボキッズ」と小学生の夢を叶えるサードプレイス「コドモクリエイターズインク」を運営。コドモクリエイターズインクでは、「夢x SDGs」をテーマに、ミライを信じ、挑戦し続ける強さと社会の困りごとを自分ごととして捉えることができる真のグローバルリーダーを輩出を目指す。 http://www.mirai-labo8.com/


■コラボレーター
[画像11: https://prtimes.jp/i/51694/9/resize/d51694-9-364185-1.jpg ]


株式会社RIN
世界の花業界に新しい風を」ビジョンに掲げ、「花のロスを減らし花のある生活を文化にする」をミッションに廃棄されてしまう花 "ロスフラワー" に命を吹き込む仕事をしています。生花店で廃棄される「ロスフラワー」をドライフラワーにする「フラワーサイクリスト」を提起しこれまで廃棄花「0」に向けて、ロスフラワー(結婚式や店舗で使われた花材、花農家で廃棄予定だった規格外の花など)を自ら回収し、アクセサリー製作や、会場装飾などプロモーション事業を通して、サステナブルな活動をしています。 https://lossflower.com/


■本件に関する概要・お問い合わせ、および協賛コラボレーションをご検討の企業・団体様へ

KAORIUM CREATIVE AWARDは、企業様・団体様との協賛型イベントです。お花や果物、フレグランスやアロマをはじめ、様々な香りある製品をお取り扱いの企業様・団体様とのコラボレーションを通して、企業様・団体様のアセットをお客様により豊かにご体験いただき、より魅力的に表現いただける機会を創出いたします。KAORIUM CREATIVE AWARD・協賛コラボレーションについては、お気軽にご相談ください。

【SCENTMATIC株式会社】
代表者: 代表取締役 栗栖 俊治
所在地: 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目22番7号 6階
URL: https://scentmatic.co.jp/
MAIL : contact@scentmatic.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング