「アサヒスーパードライ エクストラコールド」初のTVCM 福山雅治さん出演「EXC WORLD篇」 2013年5月14日(火)より全国で放映開始!

PR TIMES / 2013年5月14日 14時43分



アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路 明善)は、
「アサヒスーパードライ エクストラコールド」初のTVCMとなる「EXC WORLD篇」を
2013年5月14日(火)より全国で放映開始します。
アサヒビール(株)では、『アサヒスーパードライ』の広告キャラクターとして、
2010年より福山雅治さんを起用しています。福山さんは、60万人を超える動員を記録し、
たいへんな盛り上がりを見せたアサヒスーパードライ特別協賛
「FUKUYAMA MASAHARU WE’RE BROS.TOUR 2011 THE LIVE BANG」の実施、
2012年の冬には同一会場での10日間公演がソロアーティストとして史上初となる
「福山☆冬の大感謝祭 其の十二」の実施など、常に新しいことに挑戦し続けており、
「都会的」「男らしさ」「スケール感」といった『アサヒスーパードライ』のブランドイメージに
合致することから、本年も引き続き広告にご出演いただいています。
今般放映開始する「アサヒスーパードライ エクストラコールド」のTVCMにつきましても、
『アサヒスーパードライ』の広告キャラクターである福山さんにご出演いただき、
ブランドイメージを強く発信していきます。
今回のTVCMでは、「エクストラコールド」のシンボルでもある“ディスペンサー”を
モチーフとした世界で描かれております。洗練されたハイセンスなバーに登場する福山さん。
「ビールが凍るギリギリまで冷やすと何が起きるか」というナレーションに重なるように
福山さんが丁寧にディスペンサーから“氷点下のスーパードライ”を注いでいきます。
「エクストラコールド」により、“限界までシャープ”な味わいになった『アサヒスーパードライ』を
飲んだ瞬間の衝撃を見事に表現していただきました。
アサヒビールでは、新しいビールの楽しみ方として、飲食店やご家庭でお飲みになる通常の温度よりも低い、
氷点下の温度帯(-2℃から0℃)で『アサヒスーパードライ』をお飲みいただく
「エクストラコールド」という飲み方をご提案しています。
通常飲食店でお飲みいただいているビールの温度は4℃から8℃程度といわれていますが、
氷点下で『アサヒスーパードライ』をお飲みいただいた場合、特に20代の若い層を中心に、
ブランドの特長である「味のキレ」「シャープさ」「のどごし」などを強くお感じになる方が
多いことが明らかになりました。(アサヒビール調べ) 2010年の本格展開以降“氷点下のスーパードライ”
という新しい楽しみ方がご支持を頂戴し、お客様からのご要望や飲食店様からのお問合せも増えています。
(4月末時点でお取扱いいただいている飲食店数は全国で3,799店)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング