【女子に嬉しい、目に優しい、海外で話題のカラフルなメイソンジャーサラダ】うさぎパフェで人気のニコラシャールが、表参道店で初めてのランチを発売!巨大な瓶を振って食べる、7色カラーのメイソンジャーサラダ

PR TIMES / 2014年11月19日 12時10分

11月9日(日)に銀座から移転オープンしたニコラシャール表参道本店が見て振って食べて楽しむ「メイソンジャーサラダ」で表参道カフェ激戦区で新しいブームを作る!!



11月9日(日)に銀座から移転オープンしたニコラシャール表参道本店がカフェ業界に新しい風を巻き起こそうとしている。


その風こそがメイソンジャーサラダだ。


メイソンジャーとは一言で言うと、ガラス瓶の保存容器である。

100年以上の歴史を持つ、缶の製造会社、Ball Corporationが作っている保存容器で、装飾用としても用いられるほど、オシャレなのが特徴。

このメイソンジャーはフランスでは一般家庭で保存容器としてよく用いられているほどメジャーなものであり、今回、ニコラはこのメイソンジャーでサラダを作ることにした。


■いちごドレッシングを使用!?全8層の色鮮やかなフルーティーサラダ「フレッシュモッツァレラストロベリー」■


全3種あるメイソンジャーサラダのなかでも特に面白いのは「フレッシュモッツァレラストロベリー」だ。なんと、いちごのドレッシングを使用したサラダだ。

作り方は簡単。
直径14cmもある巨大なメイソンジャーに食材を詰めていくだけ。
ただし、一番下から順に食材が層になるように綺麗に重なっているのがニコラシャールのメイソンジャーサラダの特徴だ。

まず1層目に入れるのはなんとニコラ特製の「いちごドレッシング」。のどごしで感じるほどの柔らかな苺の酸味が特徴的だ。
2層目として入れるのは「フレッシュモッツァレラ」。たっぷりのモッツァレラチーズがもちっとした食感を演出する。
3層目は「ミックスキャベツ」。フレッシュ野菜のシャキシャキ感を楽しめる。
4層目にはなんと「コンソメゼリー」を入れている。サラダなのにぷるぷるとしたゼリーの食感が楽しめるのがニコラ流。
5層目には「コッパハム」という生ハムをチョイス。小さな塩味が「いちごドレッシング」に味のアクセントをもたらす。
6層目に「ルッコラ」というハーブ。「いちごドレッシング」を邪魔しすぎない程度の辛味、苦味と葉野菜のシャキシャキ感が嬉しい。
7層目には色鮮やかで見た目が嬉しい風味豊かな「パプリカコンフィ」。
最後、8層目に入れるのは「トマトコンソメゼリー」。ゼリーのぷるぷる感たっぷりとなっている。

これら8つの食材をキレイに層に分けた「フレッシュモッツァレラストロベリー」は遠めに見ても色鮮やかで食べるのがもったいないほどだ。キレイな見た目に思わず写真を撮る方も多い。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング