1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

立山・雪の大谷満喫ツアーを販売【くろよんロイヤルホテル】

PR TIMES / 2018年4月6日 10時1分

ホテル開業30周年記念企画として、普段見ることのできない黒部ダム工事跡も見学

株式会社関電アメニックス(本社:大阪市中央区 取締役社長 稲田 豊)は、長野県大町市で運営するホテル「くろよんロイヤルホテル」に宿泊し、人気の「雪の大谷」と普段は非公開の「関電トンネル工事跡」を見る特別企画を実施します。




■人気の「雪の大谷」アルペンルートは添乗員同行で安心

「立山黒部アルペンルート」の乗り物を快適に乗り継げるよう、添乗員が同行し、チケットをセットにしたホテル開業30周年記念のツアーです。日程は4/26・5/8・5/25の3日間限定。
4/15~6/22の「雪の大谷ウォーク」の期間は、団体のお客様が多く、個人で行かれる場合は各乗り物で並んで乗車するため、かなり時間がとられてしまいますが、事前に時間予約をしているので、ゆっくりアルペンルートをお楽しみいただけます。

■雪の大谷では現地スタッフが見どころをレクチャー
室堂「雪の大谷」では見どころや楽しみ方をレクチャーしてくれる現地スタッフが常駐しています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/26057/10/resize/d26057-10-233584-3.jpg ]

■黒部ダム工事を感じる特別企画
もう1つの目玉は約60年前に掘られたトンネル工事跡(非公開)をご案内します。石原裕次郎の「黒部の太陽」の舞台となったトンネルで唯一、当時のままの素掘りの状態が残っている場所で、そこでは特別映像の「ダム建設記録」もご覧いただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/26057/10/resize/d26057-10-378618-4.jpg ]



関電トンネルトロリーバス運行は今年がラストイヤー。来年からは電気バスとなるため、今年が乗車できる最後のチャンスです。

料金など詳細は https://www.kuroyon-royal.jpをご覧ください。

[画像3: https://prtimes.jp/i/26057/10/resize/d26057-10-168621-5.jpg ]

<くろよんロイヤルホテルについて>
信州の大自然に抱かれた長野県大町市。くろよんロイヤルホテルは、世紀の大工事と呼ばれた黒部ダム建設時のゲストハウスをその前身として1988年に開業しました。 圧倒的な迫力で心を打つ黒部ダムをはじめ、安らぎの風景や芸術・文化に触れ合える安曇野や白馬など、四季折々の多彩な楽しみ方があります。


■会社概要
会社名 :株式会社関電アメニックス
所在地 :大阪市中央区南船場4-11-12
代表者 :稲田 豊
設立 :昭和39年8月1日
URL : https://www.k-amenix.co.jp/
事業内容:ホテル、ゴルフ場などレジャー観光施設の運営

<一般の方からのお問合せ>
くろよんロイヤルホテル 〒398-0001 長野県大町市日向山高原
TEL:0261-22-1530 HP: https://www.kuroyon-royal.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング