夏にぴったりの食材で、暑い季節を楽しもう “世界一”にこだわった新メニュー『タスマニアビーフ』と『マッサマンカレー』の共演

PR TIMES / 2014年6月12日 13時54分

2014年6月12日(木)より、ジョナサンで発売開始



 株式会社すかいらーく(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長兼CEO:谷 真)のジョナサンでは夏向けの新メニューとして、世界で最も空気と水がきれいと言われている地域のひとつ、タスマニア産のビーフ100%メニューや“世界で一番美味しい”とされるマッサマンカレーなど、世界一にちなんだメニューを2014年6月12日より提供いたします。

■空気と水のきれいなタスマニア島で育ったタスマニアビーフ100%の新メニュー

・タスマニアビーフハンバーグ半熟卵のごろごろ夏野菜ソース


・タスマニアビーフ&アボカドのプレミアムバーガー


・タスマニアビーフのビッグメンチカツ


 ズッキーニやなすなどの夏野菜に酸味が効いたトマトソースと合わせて、夏らしい味わいで楽しめる『タスマニアビーフ ハンバーグ 半熟卵のごろごろ夏野菜ソース(1,080円(税抜)』や、モチモチのバンズにクリーミーなアボカドと野菜、タスマニアビーフのパテを挟んだ『タスマニアビーフ&アボカドのプレミアムバーガー(940円(税抜)』、タスマニアビーフをふんだんに使い、ボリューム満点に仕上げた『タスマニアビーフのビッグメンチカツ(890円(税抜)』など、タスマニアビーフ100%ならではの味わいをバリエーション豊かにお楽しみいただけます。


≪タスマニアビーフについて≫
タスマニアは、オーストラリア最南端に位置する島で、雨水も飲めると言われるほど空気と水がきれいと言われています。栄養価の高い牧草に恵まれたタスマニアで放牧されることで、風味高い牛肉になるとされています。また、成長促進ホルモン剤や抗生物質の投与がタスマニア州政府より禁止されているため、“安全・安心”の品質が保証された牛肉であることも大きな特徴の1つとなります。


■世界一美味しいと評されたマッサマンカレー

 マッサマンカレーとは、タイ南部発祥のご当地カレーで、「世界で最もおいしい50種類の食べ物(米国情報サイト『CNN Go』調べ)」の中で第1位に選ばれたメニューです。ジョナサンでは本場の味を目指して、ライスにもこだわり、タイ米の最高級ランクとして知られるジャスミンライスを使用しています。
 さらに、タイ風カレーにはかかせないココナッツミルクやピーナッツの甘みに、アクセントとしてタマリンドなどの果実を加え、辛い物が苦手な方でも食べやすい味わいに仕上げ、うま味、コク深さを追求しています。
 暑い夏にこそ食べたくなるカレーですが、世界で最もおいしい食べ物と言われる本格マッサマンカレーをぜひお楽しみください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング