「平成29年度日本自然保護大賞」全国から応募受付中!(11月1日~)

PR TIMES / 2017年11月2日 11時1分

日本最高峰の自然保護を称える

公益財団法人 日本自然保護協会(東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F)は、自然保護と生物多様性保全に貢献する取り組みを顕彰する「日本自然保護大賞」の募集を開始しました。



子どもから大人まで、日本全国で活躍されているすべての個人や団体、企業、自治体の皆様が応募対象です。受賞した活動は数多くのメディアに取り上げられ、さらなる発展をとげています。皆様の素晴らしい活動をこの機会に全国に広めませんか? ご応募お待ちしています!

【応募方法】
「日本自然保護大賞」の下記ウェブサイトよりご応募ください。
 http://award.nacsj.or.jp/

自薦、他薦を問いません。3部門より複数の部門にエントリーいただけます。


【応募部門】


保護実践部門・・・・・・・・・市民、大学生、専門家、企業、行政などがそれぞれの立場と特性を活かし、具体的な自然保護の実績をあげた活動、研究
教育普及部門・・・・・・・・・自然観察をはじめ、広く自然保護を目的とした教育・普及活動
子ども・学生部門・・・・・小学生から高校生まで、子どもが主体的に取り組んだ活動、研究


【選考と公表】
応募締め切りは2018年1月5日(必着)
最終選考(2018年1月)を経て、2018年3月に授賞式と受賞者の活動発表会を予定しています。

主催:公益財団法人 日本自然保護協会
協賛:経団連自然保護協議会  後援:環境省、IUCN-J、UNDB-J、自然保護憲章普及協議会

応募要項:https://prtimes.jp/a/?f=d27546-20171101-7398.pdf
[画像1: https://prtimes.jp/i/27546/12/resize/d27546-12-932080-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/27546/12/resize/d27546-12-663407-1.jpg ]

【平成28年度の日本自然保護大賞の受賞者】


保護実践部門・・・・・・・  カナダガン調査グループ(神奈川県)
教育普及部門・・・・・・・  フィールドソサイエティー(京都府)
地域の活力部門・・・・・  佐護ヤマネコ稲作研究会(長崎県)
自然のちから部門・・・  あじ島冒険楽校(宮城県)
子ども・学生部門・・・  青森県立名久井農業高等学校 チーム・フローラフォトニクス(青森県)
沼田眞賞・・・・・・・・・・・  久貝勝盛(沖縄県)
選考委員特別賞・・・・・  大谷地区振興会連絡協議会、大谷 里海づくり検討委員会(宮城県)
選考委員特別賞・・・・・  富士通株式会社(神奈川県)


日本自然保護大賞の受賞者は、多くのメディアに取り上げられ、当会や他団体との協働活動やイベントの共催を行うなど、活動を一層発展させています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/27546/12/resize/d27546-12-138820-2.jpg ]

▲平成28年度受賞のフィールドソサイエティーは、2017年6月、京都の法然院を舞台に市民講座を日本自然保護協会と協働で開催し、大きな反響を呼びました。

【本件に関する問い合わせ先】
公益財団法人 日本自然保護協会 
日本自然保護大賞担当
Eメール:award@nacsj.or.jp
TEL. 03-3553-4101 / FAX. 03-3553-0139

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング