回転レーザー Leica Rugby 800シリーズセットに車内充電ケーブルを標準搭載

PR TIMES / 2014年6月6日 19時1分

5年保証、IP68、エコな回転レーザー

スイスに本社を置く測量機器メーカー、ライカ ジオシステムズ株式会社(東京都文京区)は、回転レーザー Leica Rugby 800シリーズの同梱物として、新たに車内充電ケーブルの標準搭載を開始します。

回転レーザーとは、レーザー光を水平もしくは傾斜をつけて回転させ、そのレーザーを受光器で拾うことで土地や床のレベル(高低差)を確認する作業に用いる機器です。屋外の建設施工現場で使われる製品です。




世界一丈夫な回転レーザーLeica Rugby 800シリーズ
本シリーズは、電気機器器具の外郭による保護等級IP68仕様の初の回転レーザーです。さらに、水・ほこりの最高基準である米国ミリタリー・グレードMIL 規格の認証も取得しております。そのため、急な豪雨、水たまりへの落下、転倒など、過酷な現場でも安心してお使いいただける製品です。

受光器は、従来通りの矢印表示に加え、中心までの距離がmm単位の数値で表示されるデジタル受光器がセットに同梱されています。(Leica Rugby 810セットの受光器は矢印表示のみ)

保証期間は、ご購入後にWeb登録いただければ5年間です。最初の2 年間は、転倒を含む、機械内部の自動整準システム故障は無償で修理します。ランニングコストが低い、回転レーザーです。


車内充電ケーブルを新たに標準搭載
本シリーズの電源は、リチウムイオン充電池が標準仕様です。充電時間が短く、寿命も長い充電池です。充電し忘れた際に、車で走行中の移動時間を使って充電していただけるよう、新たにシガーソケットの充電ケーブルを標準搭載することにいたしました。

弊社では、使用済み乾電池の廃棄によるごみの削減を目指し、電源は充電池を採用しております。オプションで、屋外でのソーラー充電やアルカリ乾電池のご使用も可能です。

主な仕様


Website: http://www.leica-geosystems.co.jp/jp/Leica-Rugby-810-820-830-840_103276.htm


ライカ ジオシステムズについて
弊社は約200年にわたり、測量/計測のパイオニア企業として、3D空間情報の提供、モデル化、視覚化をサポートするソリュ-ションとサービスで、世界中の専門技術者から信頼されています。

ライカ ジオシステムズは、スイスに本拠を置くグローバル企業で、 Hexagon グループの一員です。120カ国以上に広がるパートナーネットワークと、28カ国で働く3,500人の従業員が、世界中の何万人ものお客様をサポートしています。
http://www.leica-geosystems.co.jp/jp/index.htm


製品に関するお問合せ先:
ライカ ジオシステムズ株式会社
ツールズ事業部
Tel.03-5940-3101 Email. disto@leica-geosystems.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング