Nutanixのインフラストラクチャー、NTTスマートコネクトが採用

PR TIMES / 2014年11月4日 13時58分

先進的なテクノロジーが、パブリッククラウドとプライベートクラウド間のギャップを解消し、コストを大幅に削減

Web スケールなコンバージド・インフラストラクチャーを提供する Nutanix Inc.(本社:米国カリフォルニア州、創業者兼CEO:Dheeraj Pandey 以下、Nutanix)は本日、NTT西日本が100%出資する子会社で、日本の大手サービスプロバイダーであるエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社 (本社:大阪、代表取締役 窪薗 竜二、以下、NTTスマートコネクト) が、NutanixのWebスケールなインフラストラクチャーを採用したことを発表しました。これにより拡張性や柔軟性に欠けるレガシーな ITシステムのボトルネックを解消し、大幅なコスト削減を実現します。

NTTスマートコネクトは、Nutanixを採用する以前よりインフラストラクチャーの拡張性やストレージのパフォーマンスにおける制約や遅延、膨大なデータセンターの占有スペース、そして電力コストなどの様々な課題を抱えており、ビジネスの成長にあわせて容易に拡張でき、パブリッククラウドとプライベートクラウドを構築できる柔軟なインフラストラクチャーを模索していました。

NTTスマートコネクトのシニアマネージャーである井上吉隆氏は、次のように述べています。
「お客様からのクラウドサービスへの要望が多様化する中で、臨機応変なサービス開発をタイムリーに行うことが課題となっていました。その課題を解決するために様々なアーキテクチャおよびシステムを検討してきましたが、従来の三層型(サーバー、SAN、ストレージ)のアーキテクチャでは困難なことが多く、全く新しいアーキテクチャであるNutanixのインフラストラクチャーの導入に至りました。Nutanix を採用することでサービス開発からサービス提供までの時間短縮が可能になり、結果としてお客様満足度の向上が図れます。また、Nutanixのインフラストラクチャーは、事前に想定したとおりの拡張が可能なため、小規模から始めて大規模に拡張することができ、お客様固有の業務ニーズにも的確に対応することができます。今後、Nutanix のインフラ上でサービス開発を行うことで、サービスプロバイダーとしてお客様から高い信用と信頼を得られるように努めていきます」

受賞歴を誇るNutanix OSが稼動するNutanix NX-3000シリーズの採用理由として、NTTスマートコネクトの井上吉隆氏は、「中小規模の企業から大企業、さらに公共機関に至るまで様々なお客様に対して、幅広いサービスの柔軟な提供が可能となります。また、既存環境における複雑性を大幅に低減し、完全に予測可能なパフォーマンス性能と拡張性能を手にしたことで、データセンターのラックスペースの2.5倍以上の有効活用、必要となる設備投資の25%程度の削減効果を期待しています」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング