ニコニコ生放送でユーザーが選んだ! “最もジャイアントカプリコにふさわしいアイドル” 「カプリコクイーン」が決定!!

PR TIMES / 2012年12月10日 15時40分

カプリコクイーン決定戦!!!を記念して、アイドリング!!!パッケージのジャイアントカプリコを限定発売。

江崎グリコ株式会社(代表取締役社長:江崎勝久)は、「ジャイアントカプリコ」のPRキャンペーンとして、アイドルグループ「アイドリング!!!」とコラボレーションした「カプリコクイーン決定戦!!!」を10月よりお届けしてきました。
12月9日、ついにその決勝戦が六本木ニコファーレで行われ「カプリコクイーン」が決定!見事アイドリング!!!13号長野せりなさんがその称号を手にしました。




「カプリコクイーン」とは“「ジャイアントカプリコ」に最もふさわしいアイドル”を意味する称号のこと。アイドリング!!!メンバー21名がその座をめぐって繰り広げてきた本気の対決は予選3回と決勝戦の計4回で、その模様は全てニコニコ生放送にて中継されてきました。この企画の特徴は、各回の勝者がニコニコユーザーによるリアルタイム投票によって選ばれる「ユーザー参加型」の企画であること。決勝戦における「カプリコクイーン」の決定投票もリアルタイム投票によって行われ、その臨場感に会場は多いに沸きました。


■最終対戦の対決テーマは「カプリコ告白対決」
最終決戦は、13号長野せりなさんと25号後藤郁さんの一騎打ちとなりました。
テーマは予選でも好評だった「カプリコ告白対決」に決定。告白相手の名前は視聴中のユーザーのコメントから選び、“カプリコを使った愛の告白”で本気の勝負を繰り広げました。
幼馴染に告白する乙女心を表現した後藤さんに対して、「告白の返事がOKだったら、カプリコを受け取って!」とカメラに向かってアイドルっぷりを発揮した長野さん。どちらがより「カプリコクイーンにふさわしいか」は、ニコニコ生放送を閲覧中のユーザーによってその場で投票され、長野さんが得票率70.7%の大差で勝利しました。
見事優勝を決めた長野さんは、「対戦前は正直無理かもしれないとあきらめていたが、カプリコクイーンに選ばれて嬉しい!!」と、カプリコクイーンに選ばれた喜びを語りました。


■カプリコクイーンの「だいじなおしごと」とは?
カプリコクイーンに贈られる副賞である「カプリコ一生分」の権利。
その一部となる1年分の365本がニコファーレのステージ上に登場すると、会場の盛り上がりはヒートアップ。
同時に、「カプリコクイーンのだいじなおしごと」として、“実際のお店で、カプリコへの愛を広める!”ミッションが発表されました。
「カプリコクイーンのだいじなおしごと」の実施に関する詳細は、後日、ニコニコ動画内「カプリコチャンネル」(http://ch.nicovideo.jp/channel/caplico)内で、お知らせしていく予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング