【FRONTIER】Windows8.1×IvyBridge-E搭載 ハイエンドミドルタワー新発売

PR TIMES / 2013年11月22日 18時25分

~ Extreme Edition Ivy Bridge-E ~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:関戸 光雄)(以下、当社)は、2013年11月22日(金)より、マイクロソフト社の最新OSであるWindows8.1にインテル社コンシューマー向けCPUの最上位モデル「IvyBridge-E」を搭載したミドルタワーの販売を開始いたします。



■製品の概要

このたび発表する新製品は、インテル(R)X79マザーボードをベースにLGA2011版の最上位CPUとなる第3世代のインテル(R) Core(TM)プロセッサー・ファミリー「IvyBridge-E(開発コードネーム)」を、OSにマイクロソフト社製の最新OSとなるWindows8.1を搭載したハイエンドミドルタワーです。搭載CPUは、32nmプロセスのSandy Bridge世代から、22nmプロセスのIvy Bridge世代へとアーキテクチャを更新したことで、普段使いで4%、3Dゲームで7%、データ解析で5%、3Dモデリングで10%のパフォーマンス向上を実現しています。
ラインナップには、6コア/12スレッドに対応したインテル(R) Core(TM) i7-4960Xプロセッサー(3.60GHz/15MB)に搭載モデルを1機種、インテル(R) Core(TM) i7-4930Kプロセッサー(3.40GHz/12MB)搭載モデルを4機種、4コア/8スレッドに対応したインテル(R) Core(TM) i7-4820Kプロセッサー(3.70GHz/10MB)搭載モデル1機種の計6機種をご用意しています。
また、高速起動のSSDや大容量保存のブルーレイディスクドライブなど豊富なカスタマイズメニューもご用意しておりますので、用途や予算に応じて自由にお選びいただけます。


■製品の特長

<さらに進化した最新OS Windows8.1搭載>

Windows8の特長であるスタート画面のタイルサイズが「大」・「中」・「小」・「広い」の4種類に増加し、利用頻度や使い勝手に応じて自由にお選びいただけます。また、従来OSがお好みの方には、起動直後にデスクトップ画面を表示したり、画面左下にスタートボタンを配置することで抵抗なくご利用いただける工夫が施されています。


<コンシューマー向け最上位CPU「インテル(R) Core(TM) i7-4960X Extreme Edition搭載>

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング