ブロケードの第5世代ファイバー・チャネルSAN、Rackspace社のグローバル・ハイブリッド・クラウドに採用

PR TIMES / 2014年3月11日 12時4分

Rackspace社の各データセンターで一層の高密度化、柔軟性、および拡張性を実現

ブロケードは、米国の大手ハイブリッド・クラウド・データセンター事業者のRackspace社が急速な顧客増加に対応するため、自社のデータセンター・ネットワークにブロケードの第5世代ファイバー・チャネルSANソリューションを導入したことを本日発表しました。

2014年3月11日
《報道資料》
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

ブロケードの第5世代ファイバー・チャネルSAN、Rackspace社のグローバル・ハイブリッド・クラウドに採用
~Rackspace社の各データセンターで一層の高密度化、柔軟性、および拡張性を実現~

===========================================================
【本日の発表の要点】

* ブロケードは、米国の大手ハイブリッド・クラウド・データセンター事業者のRackspace社が急速な顧客増加に対応するため、自社のデータセンター・ネットワークにブロケードの第5世代ファイバー・チャネルSANソリューションを導入したことを発表しました。

* Rackspace社は、ブロケードの第5世代ファイバー・チャネル・ダイレクタ・クラス・スイッチを導入して、自社のSANインフラを簡素化し、データセンター面積の1平方フィート当たりのポート数を増やす高密度環境を構築することで、各拠点における効率および生産性を向上させることができました。同社のSAN設計において、ブロケード独自のUltraScale Inter-Chassis Links(ICL)を使って複数のBrocade 8510ダイレクタを接続し、すべてのフロント・フェイシング・ポートを高性能EMC VMAX(R)ストレージ・アレイに接続できるようにすることで、拡張性および設計上の柔軟性を飛躍的に高めることができました。

* また、Rackspace社は各SANの稼働状況および性能を総合的に把握・理解できるようにするために、ストレージ管理者がネットワークに影響が及ぼされる前に問題を解決することを可能にするBrocade Fabric Visionテクノロジを活用しています。
===========================================================

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング