モーターサイクル用ブレーキがよりスマートに ボッシュがアンチロック・ブレーキ・システムの追加機能を提供 安全性をいっそう向上させるソフトウェアとセンサー類

PR TIMES / 2012年10月11日 16時49分



・ボッシュのモーターサイクル用ABS Generation 9の新機能
・オールテラインモーターサイクルに合わせたABSオフロードコントロール
・トラクションコントロールによりオン/オフロードで発進時と加速時の安全性が向上

ボッシュはモーターサイクル用ABS Generation 9で、それぞれのモーターサイクルクラスに合わせて拡張可能なブレーキコントロールシステムを実現しました。新しい機能が複数追加され、モーターサイクルメーカーのニーズに合わせて安全性をさらに高めるソリューションを提案できるようになりました。たとえば、エンジニアはGeneration 9の幅広いバリエーションにオフロードバージョンやトラクションコントロールシステムを追加することができます。2013年に初めて、2つの機能がKTMの1190 Adventureと1190 Adventure Rに搭載されることになりました。ボッシュのモーターサイクル用セーフティシステムを担当するイリディーリム・フェヴジィ(Fevzi Yildirim)ゼネラル・マネージャーはこう述べます。「モーターサイクル用ABS Generation 9には豊富なバリエーションと各種の追加機能が揃っているため、あらゆるモーターサイクルメーカー、そしてエンドユーザーのご要望にお応えすることができます」

■オフロードコントロール機能付きABS - 荒れた路面での安全性が向上

舗装道路とかけ離れた荒れた路面でのモーターサイクルの運転は、ABSシステムの限界を試すようなものでした。舗装道路用に設計されたシステムでは、砂地や荒れた路面で適切なブレーキ性能を保つことも、オフロード走行の楽しさを存分に味わうこともできないからです。これに対処すべく、ボッシュのエキスパートたちは、荒れた路面での使用を想定した特殊なオフロードコントロール機能を開発しました。この機能は、ボッシュのアンチロック・ブレーキ・システムGeneration 9 ABS plusとABS enhancedに組み込むことができるようになっています。そのため、オールテラインモーターサイクルの安全性がいっそう向上するだけでなく、ライダーはオフロードで妥協した走りをせずにすむようになります。

ボッシュが開発したこのオフロードコントロール機能では、ブレーキ値とその他のパラメーターが調整されるため、荒れた路面でも最適なブレーキ性能を発揮できます。この調整により、ABSは通常より遅れて作動します。このため、道路用に設計されたABSに比べてタイヤと路面の間がより滑りやすくなりますが、後輪が路面をしっかりキャッチでき、荒れた路面でもブレーキ性能が向上します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング