外資系でよくある、パネルインタビュー: それを勝ち抜くための5つの心得

PR TIMES / 2014年6月11日 16時47分

ヘイズ・ジャパン 【グローバル人事・採用エキスパートのための専門誌「ヘイズ・ジャーナル」第7号より】

【2014年6月11日】  グローバル人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、同社が刊行している人事・採用エキスパートのための専門誌「ヘイズ・ジャーナル」最新号(5月7日発行、第7号)に掲載された「All eyes on you: How to ace a panel interview(視線が釘づけ:パネルインタビューで高評価を勝ち取る方法)」という記事内容から、パネルインタビュー独特の緊張感を跳ね除け、高い評価を得て勝ち抜くための5つの心得を提示しました。

「パネルインタビュー」は、外資系企業の採用活動のプロセスの一つで、1人の候補者に対して複数の面接官が同時に対応するスクリーニングの手法です。(注:日本企業の採用プロセスにおいて「パネルインタビュー」という言葉は余り浸透しておらず、多くの求職者が殺到する大手・人気企業が初期段階の選考を効率化するために行う「集団面接」と混同した意味合いで使われる場合があります。)ヘイズでは、このパネルインタビューの段階で好印象を残し、採用に向けた次のステップに進むためには、「面接官に関する情報を予め収集し、冷静さを保ち、これまでの実績をアピールするような成功事例を準備しておくことが大切である」とアドバイスしています。

ヘイズのアジア担当オペレーション・ディレクター、クリスティーン・ライトは、これについて具体的に次のように述べています。

「1対1の面接や電話面接に比べ、数人の面接官の視線を一身に浴びるパネルインタビューは一層緊張するものです。このステップを勝ち抜く成功のカギを握るのは、事前の準備です。企業側から出席予定の面接官に関する情報を事前に収集し、想定質問をリストアップして回答する練習をしておけば、当日も冷静に対応することができるでしょう。面接では、何か質問されたら一呼吸おいてしっかり自分の考えをまとめ、面接官全員に対して話すようにすれば、気持ちが落ち着くはずです。」

ヘイズでは、パネルインタビューに臨む際の心得として、下記の5つのポイントを挙げています。

1. Research the panel: 面接官の情報を集めておくこと
人材会社の担当リクルーターから、企業側の面接官の名前や立場について事前にヒアリングを行い、ウェブサイトやLinkedInなどのソーシャルメディアを活用して情報収集しておきましょう。こうして顔と名前を一致させておけば、面接の際に相手の名前を添えながら質疑対応するなどして好印象を残すことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング