健康な歯ぐきと強い歯のためのオールインワンハミガキ「カムテクト コンプリートケアEX」から「カムテクト コンプリートケア EX メディカルハーブフレーバー」 9月24日(火)新発売

PR TIMES / 2019年9月20日 8時40分



英国系製薬企業グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社(社長:シッド・シン、本社:東京都港区)は、健康な歯ぐきと強い歯のためのオールインワンハミガキ「カムテクト コンプリートケアEX」から、「カムテクト コンプリートケア EX メディカルハーブフレーバー」を9月24日(火)より全国で新発売いたします。

「カムテクト コンプリートケア EX メディカルハーブフレーバー」は、ジンジャー・ユーカリ・菊・ペパーミント等10種類の天然由来エキスを配合した、薬用感のある香味が特長のオールインワンハミガキです。殺菌・抗炎症作用により、歯周病を予防。毎日のブラッシングでバクテリアの巣である歯垢を徹底的に除去。さらに、ムシ歯予防、ホワイトニング、口臭予防も。1本で様々なお口のお悩みに応えます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/31922/25/resize/d31922-25-152498-0.png ]

■「カムテクト コンプリートケア EX」、健康な歯ぐきと強い歯のためのオールインワンハミガキ

[画像2: https://prtimes.jp/i/31922/25/resize/d31922-25-136384-1.jpg ]

「カムテクト コンプリートケア EX」は、健康な歯ぐき(歯周病予防)と強い歯(ムシ歯予防)のためのオールインワンハミガキで、「歯肉炎予防」、「歯槽膿漏予防」、「口臭予防」、「歯を白くする」、「ムシ歯予防」、「口中浄化」、「口中爽快」、そして「ブラッシングで歯垢除去」という働きを兼ね備えています。

「カムテクト コンプリートケア EX」は、ホワイトEFP(エクストラファインパウダー)(*2)を約70%配合した当社独自の歯ぐきEFP処方の濃密ハミガキで、バクテリアの巣である歯垢をブラッシングで取り除きます。IPMP(イソプロピルメチルフェノール)がバクテリアを殺菌し歯肉炎を予防、MAG(グリチルリチン酸モノアンモニウム)が抗炎症作用で歯槽膿漏を予防します。さらに、フッ素(フッ化ナトリウム)が歯質を強化し、ムシ歯を予防します。

■「カムテクト コンプリートケア EX メディカルハーブフレーバー」開発背景

[画像3: https://prtimes.jp/i/31922/25/resize/d31922-25-409686-2.jpg ]

歯周病を気にされる方の多くは、歯磨き時の歯ぐきからの出血、歯ぐきの後退、歯ぐきの腫れ、歯がぐらぐらするなど歯ぐきに関する心配事を抱えています(*3)。 そのような方々は、歯周病予防に加えて、ムシ歯予防、口臭予防、歯を白くするなど歯周病予防以外の様々な効能、効果を求めていることが分かりました(*4)。

これらの理由から、カムテクトでは「歯周病予防」、「口臭予防」、「ムシ歯予防」、「歯を白くする」等様々なニーズにお応えするため、健康な歯ぐきと強い歯のためのオールインワンハミガキ、「カムテクト コンプリートケア EX」を発売しております。

また、「カムテクト コンプリートケアEX メディカルハーブフレーバー」は、独自ブレンドされた10種類のアロマの香りが口内を爽やかにします。

■ブラッシングによる出血は、歯周病の初期症状のサイン
歯周病は、成人の50%以上が罹患しているにも関わらず、3人に2人は何も対処せずに放置しています(*5)。ブラッシングによる出血は、歯周病の初期症状のサインのひとつであり、早期に歯周病に対処しなければ、やがて歯肉炎から歯槽膿漏に進行する恐れがあるとともに、歯を失う大きな原因となります。そのため、健康な歯ぐきを保つために、毎日の正しい歯周病予防が重要です。

[画像4: https://prtimes.jp/i/31922/25/resize/d31922-25-941773-3.png ]

==============================
歯周病は、歯肉炎・歯槽膿漏の総称です。
(*1) ブラッシングによる(製品画像中)
(*2) 炭酸水素ナトリウム・含水ケイ酸 (清掃剤)
(*3) GUM Problem Incidence Ipsos 2013 (N=313)
(*4) Oral Health Care Shopper Research 2018 (N=757)
(*5) CDC Perio 2016; Half of American Adults Have Periodontal Disease

※お手数をおかけしますが、プレスリリースは下記リンクよりダウンロードいただけますようお願い申し上げます※
https://prtimes.jp/a/?f=d31922-20190918-7749.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング