JR川崎駅直結の大型商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」大規模リニューアル

PR TIMES / 2012年8月24日 14時33分



NREG東芝不動産株式会社(所在:東京都港区 代表取締役社長 山森一毅)と、三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)、ららぽーとマネジメント株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 安藤正)は、2006年の開業以来初となる「ラゾーナ川崎プラザ」(所在:川崎市幸区)の大規模リニューアルを実施し、今秋大きく生まれ変わります。

本リニューアルは、全店約300店舗のうち半数以上の176店舗(新店113店舗、改装・移転63店舗)が新しくなります。9月の食物販ゾーン「グラン・フード」を皮切りに順次オープンし、10月19日(金)には82店舗(新店46店舗、改装・移転36店舗)が一斉にオープン。その後も12月1日(土)までに順次51店舗(新店26店舗、改装・移転25店舗)がオープンします。

本リニューアルでは、JR川崎駅直結というゲート性を活かして、駅ビルや百貨店などに出店している高感度なファッション店舗を誘致する他、様々なライフスタイルの店舗や話題の飲食店舗などを導入して商品やサービスの幅を拡げ、都心型商業施設と郊外型商業施設のハイブリッドを実現します。これまで以上にお客さまのニーズに応える施設へ生まれ変わるとともに、川崎のランドマークとして、川崎の街をさらに新しく変えていきます。


<「ラゾーナ川崎プラザ」大規模リニューアルの主な特徴>
“全体の約3分の1の店舗が新規出店、都心型商業施設と郊外型商業施設のハイブリッドを実現”

■トレンドファッションが揃う高感度なショップが集積
■話題の人気飲食店舗出店による「食」の充実
■“カジュアルフードライフ”をコンセプトに食物販ゾーン「グラン・フード」に33店舗が新規出店
■期間限定で店舗が入れ替わる「LAZONA+(ラゾーナプラス)」を新設
■年間約200回の音楽イベントを実施するルーファ広場に「10chサラウンド音響システム」を導入


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング