FAO駐日連絡事務所主催「2020年世界食料デーイベント」(10月16日)のご案内

PR TIMES / 2020年10月7日 18時45分

国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所は、10月16日の世界食料デーに合わせ、オンラインイベントを開催します。



[画像: https://prtimes.jp/i/36027/28/resize/d36027-28-198843-0.png ]

10月16日の「世界食料デー」は、飢餓に苦しむ人々のため、そして全ての人々に健康的な食事を確保する必要性について、世界的な意識喚起と行動を促す、国連の重要な記念日です。毎年、各国政府、企業、メディア、自治体、市民社会組織、そして一般市民が集結し、約150の国々で関連のイベントや啓発活動が実施されます。

2020年の世界食料デーのテーマは、「育て、養い、持続させる。共に。―未来をつくる私たちのアクション。」です。世界各国が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行の広範な影響の対処に追われる中、今年の世界食料デーは、世界が、そしてとくに最も脆弱な人々が、危機から回復することを目指し、持続可能でレジリエンスあるフードシステムの構築に向けた世界的な連帯と協力を呼び掛けています。また私たちは、生産者や食品業界の方々を含め、厳しい状況の中でも食料が農場から私たちの食卓に至る過程を支え続けているフードヒーローを称えます。

国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所は、国際農業開発基金(IFAD)、国連世界食糧計画(WFP)日本事務所との共催で、10月16日(金)に日本人を主な対象としたオンラインイベントを開催します。ローマに本部を置き、食料・農業分野の課題に取り組む国連3機関が集うこのイベントでは、持続可能な開発目標(SDGs)にも掲げられている、飢餓と栄養不良のない世界を実現する方法について話し合います。パネルディスカッションは、日本担当FAO親善大使であるキャスターの国谷裕子氏が司会を務め、その後、質疑応答が行われます。イベントの最後には、同じく日本担当FAO親善大使の中村勝宏氏(日本ホテル株式会社・ホテルメトロポリタンエドモント統括名誉総料理長)からご挨拶をいただきます。

どなたでもご参加いただけます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【イベント概要】
日時:2020年10月16日 16:00 – 17:30 (日本時間)
場所:オンライン(Zoom)
言語:日本語・英語(同時通訳あり)
主催:FAO駐日連絡事務所
共催:IFAD、WFP日本事務所
後援:外務省、農林水産省
参加登録:要事前申し込み。以下の参加登録フォームからお申し込みください、
    (当日の定員は先着500名です。)
      https://fao.zoom.us/webinar/register/WN_yoTiwSlGQG2xcT5XNkjbag

【プログラム】※イベント内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
16:00 イベント開始
16:05 開会挨拶 鷲尾英一郎 外務副大臣
16:10 プレゼンテーション「2020年世界食料デー」
  FAO駐日連絡事務所長 日比絵里子氏
16:20 パネルディスカッション
  モデレーター:日本担当FAO親善大使 国谷裕子氏
  パネリスト:
  農林水産省:大臣官房国際部 国際政策課長 西経子氏
  IFAD: グローバルエンゲージメント・パートナーシップ・資金調達部 部長 ロン・ハートマン氏
  WFP:日本事務所代表 焼家直絵氏
  FAO:駐日連絡事務所長 日比絵里子氏
17:00 質疑応答
17:25 ご挨拶 日本担当FAO親善大使 中村勝宏氏
17:30 イベント終了

【お問い合わせ】
FAO駐日連絡事務所 
広報担当:田村(Momoka.Tamura@fao.org)



[表: https://prtimes.jp/data/corp/36027/table/28_1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング