三越伊勢丹のランドセル

PR TIMES / 2014年6月26日 18時42分

伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店にて、7月2日(水)より販売をスタートしています!

三越伊勢丹は、お客さまのお声を受け、今年も7月初めからランドセルの販売をスタートいたします。 ランドセル一番店ともいえる伊勢丹新宿本店は、昨年は独自性の高いアイテムを早期に展開したことで、売上前年比146%と大変好調でした。三越日本橋本店は、素材にこだわった上質なランドセルが人気で、売上前年比は112%。三越銀座店も前年比123%と好調に推移し、3店舗ともに前年を大きく上回りました。
今年は、昨年まで三越、伊勢丹それぞれで展開していたオリジナル商品を両のれんすべて共通にし、バリエーションを増やし、圧倒的な規模感でご提案します。なかでも伊勢丹新宿本店のランドセルコーナーでご紹介するランドセルに関しては、今年からすべての商品をオリジナルで展開。7月2日(水)からは10型、そして8月6日(水)からは27型を加えた計37型で、個性を大切にされるお客さまのニーズにお応えしていきます。売上も、スタートから一週間経った現在、前年比約160%と非常に好調な滑り出しです。ぜひご取材ください。




●カラーやディテールにこだわった、女児用ランドセル<ヴェルニカ>
「女性のプライベートな時間を豊かに艶やかに」をコンセプトに、2005年に3人の日本人女性が立ち上げたブランド<ヴェルニカ>。2009年より子供服のデザインもスタートし、今回、今までにない女の子向けのランドセル作りのために、三越伊勢丹とタッグを組みました。かぶせのデザインをはじめ、色使いや刺繍など、細かいパーツにも<ヴェルニカ>らしい艶やかさがちりばめられたランドセルです。

●昨年大好評だった<コキチカ>×<大峽製鞄>に、伊勢丹新宿本店限定カラーが登場!
リ・スタイルベビー&キッズで人気の子ども服ブランド<コキチカ>と、昭和10年に創業し、半世紀以上もの間、本物の鞄を追求し続けるランドセル・鞄メーカーの老舗<大峽製鞄>のコラボレーション企画第二弾です。伝統に裏打ちされる職人技に現代感覚のデザインが融合した、ランドセルのニュースタンダード。昨年人気だった5色に加え、今年は上品で高級感の漂うバーガンディと、絶妙な落ち着きのあるシックなグレーが、新たに仲間入りします。

●<オロビアンコ>が手がける、ヨーロピアンシックなランドセル
ジャコモ・ヴァレンティーニ氏によって設立された、イタリアを拠点とするバッグブランド<オロビアンコ>。日本でも、婦人・紳士のバッグは幅広い人気があります。オリジナルの型押しを施したかぶせ、メタルプレート、鮮やかなストライプの裏面プリントなど、小学生の子どもをもつジャコモ氏の愛情が詰まったデザインです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング