Kaizen Platform、ヒートマップやクリック率など、Webサイトを視覚的に分析する新サービス「Site Dock」をリリース

PR TIMES / 2019年7月30日 23時40分



[画像1: https://prtimes.jp/i/11259/32/resize/d11259-32-407514-0.png ]




視覚的な可視化で、より直観的な分析が可能に


Webサイトの改善において、デザイン変更や機能追加などの細かい施策が、ユーザーに対してどのような影響をもたらしているか、CVR(コンバージョンレート)などの数値情報のみで細かく分析することは難しく、正しい効果測定をすることは担当者にとっても大きな負担となります。そのため、正しく施策の効果測定をするために、専用の分析ツールと連携するケースが多いものの、施策ごとに設定を変更しなければならないなど、課題が残る状況です。

これまでKaizen Platformは、Kaizenタグ(JavaScriptのタグ)をWebサイトに設置するだけで、誰でも簡単にパーソナライズやABテストの施策の実行と結果の管理が行えるパーソナライズ開発基盤「Kaizen Cloud Engine」を提供してきました。

今回リリースする「Site Dock」により、ヒートマップやクリック率等を可視化することで、Webサイトにおける定性的な課題やユーザーの行動変化をより直観的に把握することが可能となります。これにより、施策ごとの設定変更等に手間をかけることなく、ワンストップで継続的な課題発見と施策実行をサポートしてまいります。
なお、「Site Dock」は、「Kaizen Cloud Engine」をご利用いただく全てのお客様は、追加料金不要でお使いいただけます。



「Site Dock」が提供する可視化メニュー


[画像2: https://prtimes.jp/i/11259/32/resize/d11259-32-584263-1.png ]


<クリックマップ>

Webページ上でどこの要素がクリックされているかを可視化します。
デザイン変更やボタン追加などの施策をおこなった場合に、一目で効果が分かるようになります。


[画像3: https://prtimes.jp/i/11259/32/resize/d11259-32-363491-4.png ]



<離脱分析>

ユーザーがどこまでスクロールしてから離脱しているか、ユーザー残存率を可視化します。期待するCTA(コールトゥアクション)までの残存率から課題を抽出したり、施策によるスクロール率向上効果を確認するといった分析が可能になります。


[画像4: https://prtimes.jp/i/11259/32/resize/d11259-32-511822-2.png ]



<熟読エリア>

ユーザーによく読まれているエリアを可視化します。コンテンツのレイアウト順変更などの施策で、訴求したい情報がユーザーにしっかりと閲覧されているか確認できるようになります。


[画像5: https://prtimes.jp/i/11259/32/resize/d11259-32-167361-3.png ]

<滞在時間分析>

Webページに訪れたユーザーがどれくらい滞在しているかを可視化します。
「KAIZEN TEAM for Video Experience」による動画コンテンツ追加などで、滞在時間が伸びているかといった、施策効果の検証が可能となります。

今後も順次、利用可能な分析メニューを拡充してまいります。


<お客様 お問合せ先>
https://kaizenplatform.com/contact.html


■ 株式会社Kaizen Platformについて

会社名 : 株式会社Kaizen Platform
設立  : 2017年4月 (2013年8月創業の米国法人Kaizen Platform,Inc. から事業譲渡)
代表者 : 代表取締役 須藤憲司
URL : https://kaizenplatform.com/ja/
所在地 : 〒108-0072 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル 10F

事業内容
企業の事業成長にあわせWebサービスを改善し業績向上を実現するためのインターネット専門人材チームを、クラウド上で提供するプラットフォームサービス「Kaizen Platform」、動画クリエイティブをデータドリブンに分析し、スピーディーに改善していくサービス「Kaizen Ad」を開発・提供している。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング