女性の髪のエイジング対策、キーワードは「豆乳」 肌だけでなく、髪の保湿にも有効性が高い豆乳パワー 発酵の力でさらに効果を期待!注目の「豆乳発酵液」とは

PR TIMES / 2012年10月9日 13時10分



生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、乾燥・パサつきなどをはじめとした、“髪の老化”への対策法として再度注目されている「豆乳」を活用したヘアケアについて、レポートいたします。

【1】順天堂大学大学院 医学研究科 白澤卓二先生に聞く「豆乳」の美髪効果
髪の保湿対策には「豆乳」がおすすめ!豆乳が、肌だけではなく、髪にも良い理由とは・・・?

年齢とともに、髪は乾燥やパサつきを感じやすくなります。そこで、現在、再度注目されているのが「豆乳」です。「豆乳」に対して、“肌に良い”というイメージを持つ女性は多いと思いますが、順天堂大学の白澤卓二先生によると、「豆乳」は肌だけでなく、髪の保湿対策においても効果が期待できるそうです。

■髪に吸着しやすい保湿成分を多く含む「豆乳」
「豆乳」はもともと、ヒトの毛髪に存在する保湿成分の構成要素である「アミノ酸」が含まれる割合が高い素材です。また、さまざまな種類がある「アミノ酸」の中でも、「豆乳」に多く含まれる「グルタミン酸」や「アスパラギン酸」は、「髪に吸着する」「高い保水力がある」という特性を持っています。
よって、「豆乳」には、髪の乾燥・パサつきをおさえ、潤いを与える効果が期待できると言えます。

■頭皮のターンオーバー促進や、皮脂の酸化防止をサポートする働きも期待できる
さらに、豆乳には肌のターンオーバーを促進する働きがあるという実証データもあります。ターンオーバーが促進されるということは、頭皮の細胞を活性化させ、しっかりした髪を形成することにつながると言えます。また、豆乳には「抗酸化」作用があるという実証データもあります。そのため、髪の毛の成長を阻害する要因となる、皮脂の酸化を防ぐ効果も期待できます。

■豆乳を「発酵」させることで、「保湿」や「抗酸化」の働きがアップ!
また、現在ブームとなっている「発酵」を取り入れることで、「豆乳」の持つ働きはさらに高まると期待できます。実際に、豆乳よりも、豆乳を発酵させたもの(豆乳発酵液)のほうが、「アミノ酸(グルタミン酸やアスパラギン酸)」の割合が増加するという実証データもあり、より保湿力が高まります。さらに、保湿効果のある「乳酸」が生成される他、「抗酸化」の働きもより高まるという研究結果もあります。

*白澤卓二(しらさわたくじ) :順天堂大学大学院 医学研究科 加齢制御医学講座 教授

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング