UL、国内初のバイオマス検証をイオンに提供

PR TIMES / 2013年4月30日 15時19分

UL Inc. (本社:イリノイ州ノースブルック、以下UL)の日本法人である株式会社UL Japan(本社:三重県伊勢市、以下UL Japan)は、検査・審査登録機関SGS SA(本部:スイス ジュネーブ、以下SGS)との「植物由来素材認証プログラム」の一環として、イオン株式会社(本社:千葉県千葉市、以下イオン)が展開する小売店舗に新たに導入する有料レジ袋およびマイバスケット(*1)に対してバイオマス検証を国内で初めて実施したと発表しました。イオンは4月25日(木)から、全国の小売店舗約850店に有料レジ袋を、イオングループの約1,400店舗にマイバスケットを、それぞれ順次導入していく予定です。



地球温暖化防止に向けたCO2削減活動を背景に、バイオマスプラスチック業界には更なる需要拡大が期待されています。しかし、その一方で、バイオマスプラスチックの検証方法は、国、地域、自治体および認証機関ごとに異なる基準が採用されるなど、グローバルスタンダードが存在しないのが実状です。今回のバイオマス検証は、バイオマス素材の規格策定推進に向けた「植物由来素材認証プログラム」の第一段階として実施されました。このバイオマス検証は、バイオマスプラスチックを原材料とする最終製品の製造者への監査および該当製品が含有するバイオマスプラスチック材料の成分検査が含まれます。

ULによる検証で当該製品表示の妥当性が確認されたイオンは、バイオマス検証マークにより、顧客に対し環境に配慮した製品選択機会の提供が可能となると同時に、環境保全に対する同社の積極的な取り組みの姿勢を多くのステークホルダーに示すことが可能となります。

ULはバイオマス素材の信頼と認知向上に向けバイオマス検証サービスの提供を継続するとともに、バイオマスプラスチック業界のさらなる市場拡大を支援するため、関係各社・団体・規制当局とともにグローバルな活動を推進していきます。加えて、ULが多岐にわたる製品分野において、世界および国内で蓄積してきた検査・認証の知見を活かし、ビジネスパートナーとして顧客のブランド価値の保護に貢献できる様々なサービスを提供していきます。


(*1) マイバスケット: イオンが実施する店舗でのCO2削減施策として、レジ袋削減のため顧客に販売している持ち帰り専用カゴのこと。マイバスケットを利用すると、顧客はレジ袋への入れ替えが不要。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング