フリースケール、ZigBee(R)スマートエナジー2.0に準拠した スケーラブルなKinetisワイヤレス・ソリューションを発表

PR TIMES / 2012年6月15日 13時9分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、Kinetis(キネティス)マイクロコントローラ・ポートフォリオを拡充し、スマートエナジーやスマートメータ、ビルディング・コントロールといったアプリケーション向けに業界初となるARM(R) Cortex-M4プロセッサ・ベースのワイヤレス・ソリューションを発表しました。フリースケールの新世代Kinetisワイヤレス・ソリューションは、スケーラブルなZigBee(R)プラットフォームに性能とセキュリティ機能を統合し、これらのアプリケーションに最適なソリューションの設計を可能にします。

フリースケールの「Kinetis KW20」ワイヤレス・マイクロコントローラ・ファミリは、将来のZigBeeスマートエナジー2.0やインターネット・プロトコル仕様で求められる処理性能とメモリの要件を満たします。Kinetis KW20ワイヤレス・マイクロコントローラは、ARM Cortex-M4プロセッサ、クラス最高の「MC13242 RF」トランシーバ、堅牢な機能セットを統合し、セキュアで信頼性に優れた低消費電力ZigBeeプラットフォームを実現します。設計時には、シングルチップのKW20マイクロコントローラ・ソリューションを選択することも、RFトランシーバを対応Kinetisマイクロコントローラと組み合わせて使用することも可能で、さまざまなアプリケーションのニーズに対応するデバイスを柔軟に開発することができます。

フリースケールのメータリング/メディカル/コネクティビティ・ソリューション担当ディレクターであるブルーノ・ベイラックは、次のように述べています。「Kinetis KW20ワイヤレス・マイクロコントローラは、スマートエナジー・アプリケーションに求められるメモリやセキュリティのニーズを満たす性能を提供しつつ、設計では究極の柔軟性を実現します。数々の受賞歴を誇るフリースケールのKinetisマイクロコントローラ・ファミリにZigBeeコネクティビティが統合されることで、システムの将来性が保証され、高性能なワイヤレス性能と優れたセキュリティ機能が実現します。」
 
ワイヤレス・コネクティビティの進化
「モノのインターネット」が次第に現実化し、さまざまな機器でワイヤレス・コネクティビティが求められる中、処理性能とメモリに関する要件は厳しくなる一方であり、スケーラビリティがますます重要になっています。Kinetis KW20ワイヤレス・マイクロコントローラ・ソリューションを活用することで、ボードのレイアウト設計まで戻ることなく、迅速に機能を修正することが可能になります。KW20ワイヤレス・マイクロコントローラは、競合するデバイスに比べ、優れた処理性能と幅広いFlash/RAMオプションを提供し、アプリケーションが仕様の発展に伴い時代遅れになることを防ぎます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング