ワシントンDCにおける法曹界の有識者を集め人工知能の実践的活用に関するセミナーをNational Press Clubにて開催

PR TIMES / 2014年6月30日 15時58分

訴訟や法執行機関による調査、情報ガバナンスに人工知能を活用した最先端の分析が不可欠になってきている現状を議論

米ナスダック、東証マザーズ上場で人工知能を駆使した、ビッグデータ解析事業を手がけるUBIC(本社:東京都港区、代表取締役社長・守本正宏)は、6月20日にワシントンDCのNational Press Clubにて、人工知能の実践的活用に関するセミナーを開催いたしました。本セミナーはUBICが法曹界の有識者とともに、米国にて四半期毎に開催している「シグネチャー・セミナー・シリーズ」の一環で、今回は「A Predictive Analytic Approach to Investigations and Regulatory Disputes through Artificial Intelligence」をタイトルとして、40名以上の弁護士や政府関係者およびDCエリアの訴訟コンサルタントの方々にご出席いただき、訴訟や法執行機関による調査、情報ガバナンスに人工知能を活用した最先端の分析が不可欠になってきている現状について議論が行われました。



 本セミナーはUBIC本社執行役員兼UBIC North America, Inc. Counsel & Chief Global Risk OfficerのPaul Starrettによるビッグデータの定義および解析手法に関する解説から始まりました。なお、同氏は米国最大の法曹協会である、American Bar Association (ABA)におけるBig Data Committeeの代表を務めております。

 ビッグデータ解析手法として人工知能の活用が不可欠になっている現状を受け、最初のパネルディスカッションにおいては、組織の活動で発生するリスクを特定、回避または軽減するための対策について議論されました。問題が起こった後にどう対処するかという受身的なアプローチでなく、最新の技術を活用し、能動的なリスク分析や未然防止の手法を取ることが、結果的に事後対策よりも低コストで対応が可能になるという論点で議論が展開されました。本パネルディスカッションには米連邦取引委員会を代表してDavid Shonka氏が登壇され、取り締まる側からの観点という点でも注目を集めました。

 最後のパネルディスカッションでは、人工知能やPredictive Codingを実際に活用している弁護士やベンダーの技術者の視点から、訴訟や調査、情報ガバナンスに対するより実践的なアプローチに関する議論が展開されました。膨大な量のデータから人間の行動パターンを分析し、ほんのわずかなリスクの兆候や重要な証拠を見つけ出すためには最先端の技術を活用した情報解析を行わないと対応自体が不可能になっている現状を踏まえ、弁護士も積極的にその技術の推奨を図るべきだとの結論にいたりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング