今迎える、“ハイテク教育の黎明期” 電子黒板、タブレット端末、… ICT機器がもたらす、教育改革 目標は、2020年に「1人1台のタブレット端末の整備」

PR TIMES / 2013年9月30日 20時1分

今年、教育現場においてタブレット端末やスマートフォンが活躍しているというニュースを、目にする機会が増えました。これらの情報通信技術(ICT)を活用した教育方法は、ICT教育と呼ばれ、近年、広く関心を集めています。また、政府でも、このICT教育の導入を推進していて、「2020年までに、全国の小・中学校で1人1台のタブレット端末の整備」という大きな目標を掲げています。さらに、高等教育における能動的な学修への参加を取り入れた“アクティブ・ラーニング”の重要性が増し、ICT教育に関する話題に今後注目が集まることは確実だと言えそうです。
そこで、トレンド総研(東京都渋谷区)では、こうしたICT教育が実現する次世代の教育を“ハイテク教育”とし、今を“ハイテク教育の黎明期”と考えました。この“ハイテク教育の黎明期”の実態と、今後の展望について探ります。




今回は、教育現場の生の声として、先生500名を対象にしたアンケート調査を実施しました。そして、ICT機器がどのように教育を変えていくのかについて、白鴎大学で教育学部長を務める、赤堀 侃司教授に取材を行いました。
さらに、教育現場に、電子黒板やタブレット型学習端末を提供している、シャープビジネスソリューション株式会社に取材を依頼。“ハイテク教育”の実現に向け、教育現場へのICT機器の導入状況における現状と、今後の展望についてお話をうかがいました。


■ レポート内容

1.先生500名に聞く、ハイテク教育に関する意識・実態調査
 教育現場の実態とは!? 8割超の先生たちが望む、ICT機器による新しい教育“ハイテク教育”。

2.白鴎大学 教育学部長・赤堀教授に聞く、ICT教育のイマ・これから
 教育工学の専門家、赤堀教授に、ICT教育のメリットと今後の課題についてうかがいました。

3.ICT機器導入の実態は!? シャープビジネスソリューション・永谷氏へ取材
 シャープビジネスソリューションの教育ICT担当者・永谷 幸久氏にICT機器導入の実態についてうかがいました。


1. 先生500名に聞く、ハイテク教育に関する意識・実態調査

今回は、本レポートのテーマである、“ハイテク教育”について、教育の現場で働く先生たち500名に意見を聞きました。実際に教育の現場に立つ彼らに、教育現場へのICT機器の導入は、どのように受け止められているのでしょうか。その意識・実態について調べました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング