ガイアックスとソフトバンクテレコムの業務提携によるソーシャルアプリプロバイダー向け中国語・韓国語対応の電話サポートの提供開始

PR TIMES / 2013年5月15日 18時56分

ソーシャルアプリ・スマホアプリの8ヶ国語対応のカスタマーサポートを提供する株式会社ガイアックスは、ソフトバンクテレコム株式会社と業務提携し、中国語・韓国語対応による電話でのカスタマーサポートサービスを日本のソーシャルアプリプロバイダー様向けに日本で初めて提供いたします。



ソーシャルアプリ・スマホアプリの8ヶ国語対応のカスタマーサポートを提供する株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下「ガイアックス」)は、ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫正義、以下「ソフトバンクテレコム」)と業務提携し、中国語・韓国語対応による電話でのカスタマーサポートサービスを日本のソーシャルアプリプロバイダー様(以下「SAP」)向けに日本で初めて提供いたします。

今回の業務提携で、ガイアックスでは中国国内にあるソフトバンクグループのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)センターを通じ、従来から提供しているメールによる8ヶ国語(日・英・韓・中・仏・独・伊・西)対応のサポートに加え、中国語・韓国語対応の電話サポートも開始します。
多言語電話サポートを一括提供することで、海外でのユーザーサポート体制構築の負担を抑え、さらに弊社が蓄積したソーシャルアプリの多言語サポートのノウハウと、自社開発システムを提供することで、高品質な電話サポートをお約束いたします。

ガイアックスでは、今後も日本発のアプリをより多くのユーザーに楽しんでいただけるよう、SAPの海外ビジネス展開を支援してまいります。


● SAPの中国の電話サポート窓口開設率は日本の8倍

日本のSAPが中国・韓国でソーシャルアプリを展開する際、電話サポート窓口を持つことが非常に重要です。

実際、中国ではApp Store売上ランキングトップ20のアプリのうち、日本の8倍である40%が電話窓口を設けており、また、中国でビジネス展開する日本の大手ゲームサイトは、SAPにユーザー向けに電話でのカスタマーサポートを義務付けています。同様に他プラットフォームも電話窓口を持つことを推奨しています。

一方、韓国ではApp Store売上ランキングトップ20のアプリのうち、日本の4倍になる20%の企業が電話によるカスタマーサポートを提供しています。

両国でのこういった背景には、課金関連のトラブル発生時には、電話対応のニーズが高いことがあります。さらにカジュアルゲーム中心で課金アプリが少ない韓国と違い、日本のSAPが提供するソーシャルアプリはアプリ内課金型であるため、ユーザーが安心して継続的にアプリを利用するためにも、電話によるカスタマーサポートが重要なのです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング