【恵方巻きに関するアンケート調査】恵方巻き購入時のポイントは「価格」「具材」「味」がトップ3。女性は「具材」を重視する人が多い傾向

PR TIMES / 2014年1月9日 9時28分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『恵方巻き』に関してインターネット調査を実施し、2013年2月1日~5日に11,565件の回答を集めました。第9回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/17516/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■恵方巻き認知者(96.5%)のうち、2013年の節分に恵方巻きを食べた人は半数強、近畿は7割強、中国・四国は6割前後
■恵方巻きの購入場所は「スーパー」が6割、「コンビニエンスストア」「寿司専門店」が各1割、手作りは2割強。購入時のポイントは「価格」「具材」「味」がトップ3、女性は「具材」を重視する人が多い傾向
───────────────────────────────────────────



◆恵方巻きの認知、喫食経験
恵方巻きを知っている人は96.5%です。そのうち、74.6%が恵方巻きを食べた経験が「ある」と回答しています。喫食経験者は年々増加傾向で、10代で比率が高くなっています。また、近畿や中国では9割前後に達します。

◆昨年(2013年)の恵方巻きの喫食状況 (調査実施時<2013/2/1~5>の状況)
昨年の節分に恵方巻きを「食べる予定・食べた」と回答した人は52.0%です。女性の方が多く、女性10代では7割近くを占めます。また、近畿では7割強、中国・四国では6割前後と他の地域より多くなっています。恵方巻きを食べたことがある人の7割近くは、「食べる予定・食べた」と回答しています。


◆恵方巻きの購入場所、購入時のポイント
恵方巻きの購入場所は「スーパー」(59.9%)が最も多く、「コンビニエンスストア」「寿司専門店」が各1割で続きます。「家で作る」は22.2%です。購入時のポイントは「価格」「具材」「味」がトップ3で、各6~7割にのぼります。これらの項目は女性が多く、特に「具材」は女性20代以上で最も多い項目となっています。


◆昨年(2013年)の節分にしたこと、かけた費用 (調査実施時<2013/2/1~5>の状況)
節分にちなんで何かした人は全体の63.5%、「豆まきをする」「恵方巻きを食べる」「豆を年の数食べる」などが各3~4割で多くなっています。「豆まきをする」は年々減少傾向にあります。何かした人は女性の方が多く、上位項目の豆まきや恵方巻きは男女差が大きくなっています。近畿・中国・四国・北陸では、「恵方巻きを食べる」が最多です。近畿では「いわしにヒイラギ」「豆やいわしを使った料理を食べる」なども多く、節分にちなんでしたこと・予定がある人が7割強と多くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング