小田急電鉄の外国語WEBサイトに「HumanChat」を試験導入、沿線を旅する外国人旅行者を有人チャットでサポート

PR TIMES / 2019年10月15日 15時45分

有人チャットサポート「HumanChat(R)」

株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中澤雅己、以下KDDIエボルバ)は、小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司、以下 小田急電鉄)の外国語WEBサイト(英語)に、訪日外国人向けの有人チャットサポート「HumanChat(R)」を試験導入し、2019年10月15日から2020年1月17日まで、サービスを提供いたします。



本サービスは、小田急ロマンスカーや、小田急沿線の観光地である箱根や江の島・鎌倉等の各種フリーパス、小田急グループの施設等に関するお問い合わせに、チャット形式でオペレータが英語で回答するサポートサービス(提供時間:平日10時~17時30分)です。

気軽に利用できる本サービスにより、これまで以上に、海外のお客さまにも分かりやすい小田急電鉄の便利なサービスを利用した、快適な旅を楽しんでいただけるようになります。

本サービスは、小田急電鉄の外国語WEBサイト(英語)でご利用いただけます。
(URL: https://www.odakyu.jp/english/

<ご利用イメージ>

[画像: https://prtimes.jp/i/19180/75/resize/d19180-75-711397-3.jpg ]


KDDIエボルバは、本サービスに提供する「HumanChat」を通じ、訪日外国人のニーズを集積し、よりニーズの高い観光地・施設・サービスの分析にも取組んでまいります。一層増加が見込まれる訪日外国人の利便性を強化するAI自動応答サービスや各種サポート等、訪日外国人向けサービスの創出、拡大を目指してまいります。

KDDIエボルバは、今後も従来のコールセンターサービスに加え、CX(カスタマーエクスペリエンス)を高めるオムニチャネルソリューションの提案、提供により、企業とお客さまの次世代リレーションシップを実現してまいります。

■KDDIエボルバ 有人チャットサポート「HumanChat」 について
オペレータが、WebやLINE上のチャットでテキストメッセージを用いてお客さまとコミュニケーションをとり、お客さまの素早い問題解決を実現するサービスです。auの個人のお客さま約4000万のカスタマーサポート(チャットサポート)で培った実績・ノウハウを基に、カスタマーサポートや売上・CVR向上等の導入目的にあわせて、業務設計やツール選定、運用までワンストップでサービス提供します。
https://www.k-evolva.com/services/omnichannel/humanchat/


大規模ユーザーへのチャットサポート、豊富な実績で培ったノウハウに基づくナレッジによる高品質サービス
カスタマーサポートや売上・CVR向上などの目的にあわせた、業務設計・デスク構築
オペレータによるチャットでwebサイト訪問者の問合せをリアルタイムに解決し、CS向上
AIチャットボット「AIChat」とのハイブリッドサポートによる利便性、効率化

■「AI・有人チャット」のハイブリッド型サポートでカスタマーの満足度を向上

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=oVWWY98hJG0 ]



※「HumanChat」は、KDDIエボルバの登録商標です(第6156561号)。
※その他本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース(企業サイト) https://www.k-evolva.com/news/detail20191015.html
報道関係者さま窓口 03-5326-6462 / adv@k-evolva.com
法人のお客さま窓口 0120-926-736(平日9:00-17:30)  https://www.k-evolva.com/bpoform/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング