美少女vs謎の生命体!ドラマ『超絶☆絶叫ランド』の小説版がスマッシュ文庫で発売

PR TIMES / 2013年8月29日 13時25分

ドラマ脚本を担当した吹原幸太氏が執筆。映像化できなかったエピソードも盛り込まれ、さらにホラー度UP

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2013年8月28日、スマッシュ文庫『超絶☆絶叫ランド』(原案:ジェイ・ジェイ、著:吹原幸太)を刊行します。



現在、CBC(毎週水曜日 24時28分~)、TBS(毎週月曜日 26時42分~)などで放送中のドラマ『超絶☆絶叫ランド』。アイドルユニットSUPER☆GiRLSの初主演ドラマであり、そのフレッシュな演技も話題になっています。そして、早くも小説版がスマッシュ文庫から登場です!

『超絶☆絶叫ランド』は、遊園地に閉じ込められた美少女たちが謎の生命体との死闘を繰り広げる、超絶サバイバル・ホラー。その小説版は、映像化が難しくドラマでは泣く泣くカットしたエピソードも盛り込まれたほか、ホラー度もぐっとパワーアップしています。

本書の著者でありドラマの脚本家でもある吹原幸太氏は現在、小説の執筆とTVドラマの脚本執筆を並行作業で行うという、業界でも異色の制作方法をとりました。吹原氏自身が「“こういう展開で進めていけたらなぁ”とこっそり温めていた物語」と語るように、あえてドラマとの違いを意識した物語づくりを行っています。

ドラマのストーリーも佳境を迎えている今、まさに「ライブ感覚」の迫力ある小説が完成しました。ぜひお楽しみください。


●巻末に、SUPER☆GiRLSメンバー10人のサイン&メッセージ付き!


【ストーリー】

日差しが眩しい、暑い夏の日。遊園地「パラダイス☆ランド」では、アルバイトの女の子たちが「若さ爆発!」とばかりに一生懸命働いていた。この日は、遊園地を特集するテレビ取材も入り、レポーターが有名タレントだということもあって女の子たちはいつにも増して、元気に仕事をこなしていた。
ところが、そのとき……。耳をつんざく爆発音とともに夜空を強烈な光が走る。全ての者が状況を理解できず唖然とする中、遊園地職員が遊園地の外へ向かう。残されたメンバーは外の様子を見てきた遊園地職員から、しばらく遊園地の外には出られない悲惨な状況だと聞かされる。それならいっそのこと楽しく過ごそうと開き直り、パーティーをして夜を明かすことにするが、パーティーは壮絶なサバイバルの幕開けだった……!


【著者プロフィール】
著:吹原幸太[ふきはら・こうた]
劇団ポップンマッシュルームチキン野郎、主宰。脚本を書いたり、演出したり、ナレーションの仕事をしたり、もう何が何だかわからない日々。でも、常軌を逸したポジティブシンキングを武器に、何とか元気でやってます。姪っ子が全く懐かないのが悩みです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング