国内初!投資信託約5,400から銘柄選びを無料でサポート~ どなたでもご利用いただける銘柄選びサポートアプリ「answer」提供開始~

PR TIMES / 2015年1月8日 12時17分

 マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、投資信託による資産運用の銘柄選びをサポートするスマートフォン向け(注1)アプリケーション「answer(アンサー)」の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。



 「answer」は、投資信託での資産運用を検討している投資家や確定拠出年金加入者等の「どの投資信託を買えばいいかわからない」という声に対し、国内公募投資信託のほぼ全てである約5,400銘柄(注2)から利用者の投資目標に近づけるための銘柄を、先進的な金融工学モデル(注3)を基に選択するサポートを提供します。投資信託約5,400銘柄を対象にした銘柄選びサポートアプリの提供は、国内で初めてとなります(注4)。「answer」はApple Inc.がiPhone 等向けにアプリケーションを提供するApp Store(アップストア)から無料でダウンロードすることができ、マネックス証券に口座を保有していない方も利用できます。

≪画面イメージ≫

■「answer」3つの特長
(1)独自の分析モデルで保有銘柄を分析し投資目標に近づけるための銘柄を抽出
 先進的な金融工学モデルに基づき、保有する投資信託のポートフォリオ分析や保有資産を利用者が設定した資産配分の目標に近づけるためのシミュレーションが可能です。具体的には、利用者が自ら保有している投資信託の銘柄を入力すると、当該投資信託の投資対象資産等に応じて、上記金融工学モデルに基づいて、現在の資産配分の状況を分析します。次に、利用者が資産配分、リスク許容度に応じた一定の投資目標を設定すると、利用者が設定する同目標と現在の資産配分の状況との差分をスコア(注5)で表示するとともに、利用者の保有銘柄を当該投資目標に近づけるための投資信託の銘柄を抽出します。「answer」では、2010 年に提供開始している資産設計アドバイスツール「MONEX VISION β」で用いている資産クラス(注6)による分析をレベルアップし、信託報酬、純資産総額、リスク・リターンの観点も含めた総合的分析により、利用者の目標に近づける投資信託の銘柄を提示することができます。また、投資信託を保有していない場合(または投資資産金額を入力しない場合)であっても、設定目標に近づける銘柄を抽出し表示することが可能です。

(2)国内公募投資信託の主要な銘柄および販売会社をカバー
 「answer」は、国内で取り扱われている公募投資信託約5,400 銘柄および確定拠出年金向けを含む投資信託の販売会社として約400 社のデータ(注7)を対象にしています。
 「answer」は、独自の技術を用いて、利用者が金融機関(証券会社、銀行等)や確定拠出年金で使用するID およびパスワードを「answer」に記録・保存することなく、金融機関で保有する投資信託の情報を自動的に取り込むことができ(注8)、営業日ごとに登録された保有資産の残高推移(注9)をグラフ化します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング