NTTドコモが開始する「ドコモゼミ月額コース」に新Web学習サービスを共同開発

PR TIMES / 2012年4月24日 16時1分



 株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長/宮原博昭)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモと共同にて2012年5月1日(火)に開始する、スマートフォンやタブレットを利用した学習支援サービス「ドコモゼミ月額コース」に、新Web学習サービスを開発提供いたします。

 新Web学習サービスでは、学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研教育出版が発行する人気参考書・問題集を基に作られた学習アプリが使いたい放題のドコモゼミ「小中学生コース」や、学研ホールディングス内の株式会社学研エデュケーショナルが有する学びのノウハウを活用した、タブレットに最適な学習サービスがご利用いただけるドコモゼミ「学研ビクトリーコース」を提供いたします。

*「ドコモゼミ」は株式会社NTTドコモの商標です。


■ドコモゼミ「小中学生コース」の概要
 ドコモゼミ「小中学生コース」は,小学校1年生から中学校3年生まで(※)の国語・算数(・数学)・理科・社会・英語などの教科をスマートフォンで手軽に楽しく学習できるコースです(※順次拡大予定)。小学学参・中学学参ともにシェアナンバーワンである学研グループ・株式会社学研教育出版の豊富な書籍群の中から、『中学一問一答』『高校入試ランク順英単語』『小学生の英単語』などの人気教材をアプリ化。2012年5月1日より順次提供を開始し、2012年夏までに約40から50アプリ程度の提供を予定しています。


■ドコモゼミ「学研ビクトリーコース」の概要
 全国42万会員を有する学研教室の学びのノウハウを活かし、学研ホールディングス内の株式会社学研エデュケーショナルが構築するビクトリーLMSをドコモとの共同開発でお客様に提供いたします。これにより小1~中3までの各教科のコンテンツをラインナップして、2012年5月10日より順次提供を開始します。


■「ドコモゼミ」とは
 2011年9月1日より株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモが開始した、スマートフォンやタブレットで、学習アプリを直感的に操作でき、ゲーム感覚で楽しく学べるサービスで、これまでに外国語や知育、資格などを中心とした学習アプリを「売り切り」にて提供してきています。学研ホールディングス内の株式会社学研教育出版との共同開発アプリも「キッズコース」で13アプリ提供しています。

 2012年5月1日より、学習アプリが月額料金をお支払いいただくことで使い放題となる「月額コース」が開始されます。
月額には、下記のコースがあります。

●ドコモゼミ「月額使い放題コース」
 外国語や知育、資格など当初約40~50の学習アプリ(夏ごろまでに順次拡大予定)が使い放題となります。

●ドコモゼミ「小中学生コース」
 小学生や中学生向け教科のドリル形式の学習アプリが使い放題となります。

●ドコモゼミ「学研ビクトリーコース」
 小学生や中学生向けのWeb学習サービスが使い放題となります。

 また、利用されたアプリの学習履歴の管理や学習ランキング、学習成果の分析などをご利用いただけるLMS(Learning Management System)である「学習ナビ」機能がご利用いただけるようになります。このほか、「学習ナビ」には学習量に応じて、ドコモダケが様々な世界を旅したり、ご褒美アイテムが貯まるなど学習継続のための楽しい機能がたくさん盛り込まれています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング