【プレスリリース】倒壊するシリアの教育-初の報告書を発表

PR TIMES / 2013年12月13日 19時11分



・本信は、ユニセフ発表の情報に基づき、日本ユニセフ協会が編集したものです
・本信は、ワールド・ビジョン、UNHCR、セーブ・ザ・チルドレンとの共同リリースになります
・原文(英語)と報告書の閲覧をご希望の際は、日本ユニセフ協会 広報室にお問い合わせください


【2013年12月13日 ジュネーブ・ニューヨーク・アンマン発】

本日発表する報告書「シリア危機:中断された教育-学齢期の子どもたちのために世界的な行動を
(原題:Syria Crisis: Education Interrupted - Global action to rescue the schooling of a
generation)」で、シリアの子どもたちの教育が、地域内で最も激しく早く低下していることが
わかりました。

本報告書では 、2011年以降、300万人近いシリアの子どもたちが、戦闘による教室の破壊や、恐怖の
あまりで通学ができず、家族と国外へ避難し、学業を中断していることが強調されています。紛争が
始まるまで数十年に渡って積み上げられてきたシリアの教育は、3年弱で倒壊したのです。


■倒壊した教育システム、出席率6%の地域も
2011年に紛争が始まるまで、初等教育(小学校)出席率が97%を誇っていたシリア。本報告書は、
紛争によって著しく低下したシリア国内の教育を網羅した初の報告書です。

1000日以上に及ぶシリア内戦による殺害は、何百万人もの子どもたちから、教育や学校、先生を奪って
います。限られながらも教育を受けられる子どももいれば、学校を辞め、家族を支えるために働かざる
を得ない子どもたちもいます。

報告書では、学校が被害を受ける、破壊される、または避難民の住居として使われているため、シリア
国内では5校につき1校が使えないと指摘。シリア難民を受け入れている周辺国では、50~60万人の
シリア難民の子どもたちが学校に通えていません。

激しい戦闘が、起きその影響を最も受けているラッカ、イドリブ、アレッポ、デリゾール、ハマ、ダラ、
ダマスカス郊外などの地方の中には、出席率が6%にまで落ち込んでいるところもあります。

紛争前、シリアは地域内の教育分野ではリーダー的存在でした。しかし、3年もかからずに教育は
大幅に後退、このままでは将来、悲惨な結果を招くことは不可避です。


■通学・就学を阻む要因
報告書は、短期間でこれほどまでに教育が衰退した要因を複数指摘しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング