デルタ航空、米国内線用ナローボディ機材225機の内装を刷新

PR TIMES / 2014年1月9日 12時17分

2016年までに7億7,000万ドルを投じてボーイング757-200型機、737-800型機、エアバス319型機および320型機の快適性を向上



【米国アトランタ、2014年1月8日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は2016年までに総額7億7,000万ドルを投じて、ボーイング757-200型機、737-800型機、エアバス319型機および320型機の内装をアップグレードします。全座席を薄型構造で可動式ヘッドレスト付きの「スリムラインシート」に変更し、各座席に電源を設置するほか、化粧室やギャレーを一新し、機内の快適性を向上します。

デルタ航空の執行副社長 兼 最高収益責任者(CRO)、グレン・ホーエンスタイン(Glen W. Hauenstein)は次のように述べています。「デルタ航空はお客様の期待に応えるべく、プロダクトおよびサービスの改善に長期的な投資を続けています。2010年の開始からからわずか6年で、すべての保有機材の内装を完了する予定で、お客様にはより快適に、機内で仕事をしたり、寛いだり、機内エンターテインメントを楽しんだり、思い思いに過ごしていただけるようになります。」

ナローボディ機材への投資は、米国内線のファーストクラスおよびエコノミークラスで一貫したサービスを提供し、航空機の運用効率を高め、お客様満足度を改善させます。

デルタ航空は2010年以降、総額30億ドルを投じて機内環境や空港設備の改善、テクノロジーの導入に投資してきました。太平洋横断路線で運航されているワイドボディ機はすべて、2013年夏までに全座席通路側のフルフラットベッドシートの導入を完了しており、2013年末にはB747-400型機16機、B777型機18機、B767-400ER型機21機の内装刷新を終えています。また、B767-300ER機58機およびA330型機32機を含む、国際線用機材全140機の内装刷新は2014年半ばまでに完了予定で、アメリカ大陸横断路線用の全機材へのフルフラットベッドシート導入は2015年夏までに完了する予定です。

また、ニューヨークJFK空港の第4ターミナル拡張やアトランタ空港の新国際線ターミナル開設に投資し、ニューヨーク・ラガーディア空港のターミナルCおよびD拡張プロジェクトに1億ドル超を投じています。世界に50以上ある空港ラウンジ「デルタ スカイクラブ」の新設や改修、40以上の空港で搭乗ゲート付近への充電ステーションの設置、1,000万近い総ダウンロード数を誇る人気アプリケーション「Fly Delta」のアップデートも、総額30億ドルの投資プロジェクトに含まれます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング