新技術『プラズマクラスターNEXT(※2)』誕生

PR TIMES / 2017年11月29日 14時1分

「ストレスがたまりにくい」「集中を維持しやすい」環境をつくることを実証



[画像: https://prtimes.jp/i/12900/138/resize/d12900-138-107873-0.jpg ]


 シャープは、独自の空気浄化技術「プラズマクラスター」の開発以降、『プラズマクラスター7000』『プラズマクラスター25000』とイオン濃度を高濃度化することにより、さまざまな効果・効能を高めてまいりました。その結果、お客様からは「空気が気持ちいい」「空気がすっきりしている」などの感想も多くいただき、それらについても実証方法の検討を進めてきました。このたび、さらなる高濃度イオンの放出が可能な「第10世代イオン発生デバイス」を開発、新技術『プラズマクラスターNEXT』搭載の空気清浄機およびエアコンにおいて、「ストレスがたまりにくい」「集中を維持しやすい」環境をつくることを実証しました。

 今回、「プラズマクラスター」の新たな効果・効能を実証するため、脳波研究の専門家である慶應義塾大学理工学部 満倉准教授監修の下、人の感性を簡易的に分析する「感性アナライザ」を活用し、比較実証試験を実施しました。その結果、イオン濃度を従来の高濃度タイプ『プラズマクラスター25000』の約2倍(約50,000個/立方cm)に高めた『プラズマクラスターNEXT』搭載の空気清浄機およびエアコンが、空気浄化のスピードアップに加え、森林浴のようなリラックス感や爽快感が期待できる「ストレスがたまりにくい」環境および「集中を維持しやすい」環境をつくることを実証しました。

 「プラズマクラスター」は、自然界に存在するものと同じプラスとマイナスのイオンを利用した当社独自の空気浄化技術で、これまで実施した第3者試験機関での試験結果からも高い安全性が確認されているほか、さまざまな効果・効能が確認されてきました。

 当社は今後、空気清浄機やエアコンのほかにも『プラズマクラスターNEXT』搭載商品の拡大に取り組み、より快適な空気環境づくりに貢献してまいります。

※1 プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterは、シャープ株式会社の登録商標です。
※2 当技術マークのイオン個数の目安は、エアコンを壁際に設置し、「風量最大」運転時(空気清浄機は「中」運転時)にプラズマクラスター適用床面積の部屋中央(床上1.2m)で1立方cm当たり50,000個以上です。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/171129-c.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/171129-c.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング