メンバーズ、全社員約1,500名を対象に7,000円のベースアップを実施 さらに2021年4月には若手層を対象にしたベースアップと新卒初任給22,000円の引き上げも

PR TIMES / 2021年2月10日 18時15分

新しい働き方で生産性向上と報酬アップの好循環。2030年までに年収1.6倍の実現へ

株式会社メンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:剣持 忠、以下「メンバーズ」)は、2030年までに基準年収を現在の1.6倍へと引き上げることを目指す「Creator's Value 1.6」を推進し、その第一弾として全社員約1,500名を対象に7,000円のベースアップを実施しましたのでお知らせいたします。さらに、2021年4月に若手層を対象にしたベースアップも実施し、あわせて新卒初任給の引き上げを実施します。



●背景
現在の日本社会において、人口減少・少子高齢化が進む中、持続的かつ多様な働き方の実現による労働力人口の増加や、インターネット・デジタルテクノロジーを活用した労働生産性の向上を実現する過程で、デフレ脱却・経済の好循環に向けた安定的な賃上げが求められています。
また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により世界規模でデジタルシフトが加速する中、2030年時点で最大79万人のIT人材が不足する(※1)と予測されており、労働生産性を引き上げ国内総生産を押し上げるために必要不可欠なIT人材の育成・輩出に取り組むことが急務とされています。

メンバーズは2030年までに自社で1万人の人材採用を実行し、デジタルクリエイター(※2)として育成、デジタル経済社会における価値創出の主役として世の中へ輩出し、それらの人材育成ノウハウを日本中のあらゆる人々に教育プログラムとして提供することで、日本社会の持続的成長の実現に取り組んでいます。また、メンバーズでは社員の健全な就労環境と生産性の向上を同時に実現し、その結果として適切な利益を伴った成長と社員への報酬としての還元を続けてきました。2016年から取り組んだ3ヵ年計画「みんなのキャリアと働き方改革」(※3)では、月平均残業15時間と年収27.5%アップを達成するなど、生産性向上と賃上げを同時に推進することを率先して行っています。

●メンバーズの賃上げに対する取り組み第一弾
【全社員約1,500名対象】7,000円のベースアップ実施
メンバーズでは、コロナ禍で在宅勤務が長期化した影響による経済的な負担増加への対応として、全社員に一律で在宅勤務手当5,000円を支給してきました。その一方で、在宅勤務やオフィス勤務、顧客企業での常駐など、社員が成果志向で生産性高く働ける場所を選択できる新しい働き方が生まれました。それらの理由から、在宅勤務手当を廃止し、新しい働き方による通勤交通費などのコスト削減分と生産性向上による利益の還元として、全社員約1,500名を対象に7,000円のベースアップを実施しました。

対象:メンバーズグループ全正社員
時期:2020年10月から実施

【若手層対象】住宅手当の廃止とベースアップ実施、新卒初任給の引き上げ
これまでメンバーズは全国一律の給与体系を採用しており、年齢・性別・地域・環境変化によらず、成果主義と同一労働・同一賃金を基本的な報酬方針としてきました。このたび、この方針をより明確に給与体系に反映させるため、一人暮らしの新卒2年目までに支給をしてきた住宅手当を廃止し、若手層の全社員を対象としたベースアップを2021年4月から実施します。引き上げ額は社内で設定されている等級に基づき、若手層の多い等級を中心に額が大きくなっています。また、これに伴う新卒初任給の引き上げもあわせて実施します。

若手層を対象としたベースアップ
引き上げ額:900~15,000円
時期:2021年4月から実施

新卒初任給の引き上げ
引き上げ額:22,000円
改定後初任給:242,000円
時期:2021年4月から実施

●Creator's Value 1.6について
2020年5月8日に発表したVISION2030(※4)では、重要施策の1つとして2030年までに社員の基準年収を現在の約1.6倍にあたる欧米並みの水準まで引き上げることを目指す「Creator's Value 1.6」を掲げています。今後もメンバーズは顧客への高い価値提供と生産性向上を同時に実現し、それらの成果に連動したルールに基づいて賃上げを実施していきます。デザイン思考とアウトプット志向を有するデジタルクリエイターが、今後の経済活動と社会課題を解決する中心であることを示していくとともに、経済の好循環の実現に向けて貢献していきます。


※1 経済産業省 IT人材需給に関する調査(概要)(2019年4月発表)
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/gaiyou.pdf
※2 デジタルテクノロジーに精通し、新たな価値を創造するデザイナーやエンジニア、ディレクター、プランナー、プロデューサーなどの専門性の高い人材のこと
※3 2019年5月10日 メンバーズ、3カ年計画「みんなのキャリアと働き方改革」を推進 月平均残業時間15時間と年収27.5%アップを同時実現し、通期業績において売上利益とも過去最高を更
https://www.members.co.jp/company/news/2019/0510_4.html
※4 VISION2030: https://www.members.co.jp/company/vision2030.html

●株式会社メンバーズ
所在地:東京都中央区晴海一丁目8番10号
晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX 37階
代表者:代表取締役社長 剣持 忠
資本金:904百万円(2020年12月末時点)
URL: https://www.members.co.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/Memberscorp
Twitter: https://twitter.com/Members_corp
Instagram: https://www.instagram.com/members_inside/

●本リリースに関するお問い合わせ
株式会社メンバーズ
広報担当 岡田
mail: press@members.co.jp
メンバーズでは、緊急事態でも安全を確保しながら業務を継続・遂行が可能な「新しい働き方」として、これまでの全員がオフィスに出社する働き方から、生活様式の変化に対応したオンライン中心の働き方に移行しております。このため大変ご不便をお掛けいたしますが、お問い合わせはメールにてお願いいたします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング