イオンは「フェアトレードタウン国際会議in熊本」を応援します

PR TIMES / 2014年3月28日 10時42分

熊本からフェアトレードの輪を世界へ!!



イオンは、3月29日(土)から熊本市において開催される「フェアトレードタウン国際会議in熊本」の趣旨に賛同し、期間中は、熊本の玄関口であるJR熊本駅と阿蘇くまもと空港でフェアトレードの取り組みを紹介するパネル展を開催するほか、市内の食品スーパー「マックスバリュ」の店舗においてもフェアトレード商品をPRします。また、28日(金)に開催されるプレセッションにおいて、イオンのフェアトレードの取り組みをご紹介します。

イオンは、「日常の買い物を通じて国際貢献がしたい」というお客さまの声を受け、2004年にイオンのブランド「トップバリュ」からフェアトレードコーヒーを発売して以来、10年にわたり、フェアトレード商品の継続的な開発・販売を行っています。

2014年1月には、フェアトレード認証カカオ生産者の支援拡大に貢献するため、国際フェアトレードラベル機構が新たに開始する「フェアトレード調達プログラム」に、唯一のアジア企業としていち早く参加することを表明しました。このプログラムに基づき、2020年までの取引量を現在の10倍(カカオ豆50t相当)まで拡大します。

熊本市は、2011年6月に市民、行政、企業などが地域一体となってフェアトレードを応援する取り組みを行っている都市として、世界で1,000番目、アジアで初となるフェアトレードシティ※に認定されました。

イオンは、「マックスバリュ」市内全13店において「トップバリュ」のフェアトレード認証のチョコレートやコーヒーをお値打ち価格でご提供しており、熊本の皆さまに気軽にフェアトレードに参加していただくきっかけになっています。また、お客さまと一緒にフェアトレードを広める活動を継続的に行うなど、フェアトレードシティとしてのまちづくりに参画しています。

このたびの会議は、アジア初開催の国際会議として、熊本からアジアへフェアトレードの輪を広げるきっかけになると期待されています。イオンは、フェアトレードを推進する地域の一員として会議の趣旨に賛同し、熊本の皆さまとともに「フェアトレードシティくまもと」を盛り上げます。

お客さまとともに取り組んできたイオンのフェアトレードの活動は、今年で10周年を迎えます。イオンはこれからも、フェアトレード商品の開発・販売を通じて開発途上国の発展支援と「夢のある未来」の実現に向け、取り組んでまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング