紙とペンの組み合わせから書き心地をデザインした新ブランド「PERPANEP(ペルパネプ)」を発売

PR TIMES / 2021年3月8日 12時15分

クリエイティビティを刺激する「ツルツル」「さらさら」「ザラザラ」の書き心地

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、紙とペンの相性に注目し、「ツルツル」「さらさら」「ザラザラ」の3種の書き心地をデザインした新ブランド「PERPANEP(ペルパネプ)」を、4月21日(水)から発売します。また発売に先がけ、一部店舗での先行販売を、3月17日(水)から開始します。



デジタル化による生産性・効率性の向上が進む一方、今日、クリエイティブを豊かにするプロセスとして手で「書く」ことに改めて注目が集まっています。コクヨでは、1908年に和帳(和式帳簿)の製造を開始して以来、ペンでも引っかかりの少ない紙を独自に開発するなど、110年余りにわたって「書く」ことに真摯に向き合ってきました。

ひとことで「書く」と言っても、「丁寧に書く」「ラフに書く」など、書き方は人によって様々です。そこで、コクヨがこれまで培ってきた技術を元に、様々な「書く」に寄り添う3種の「ツルツル」「さらさら」「ザラザラ」の紙を開発しました。さらに、紙とペンの相性が生む「書き心地」までデザインすることで、「紙とペンの巧みな出会い」をコンセプトにしたノートとペンの新ブランド「PERPANEP(ペルパネプ)」が誕生しました。

ノートは、「ツルツル」「さらさら」「ザラザラ」の原紙それぞれに5種類の罫線をご用意しました。ペンはコクヨオリジナルの「ファインライター」、ゼブラ株式会社とコラボレーションした水性ジェルボールペン「サラサクリップ」、プラチナ万年筆株式会社とコラボレーションした万年筆「プレピー」の3種を選定しています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/48998/177/resize/d48998-177-849710-0.jpg ]

○発売予定: 2021年4月21日(水) ※3月17日(水)より、一部店舗で先行販売
○メーカー希望小売価格(消費税抜):
  ノートブック(A5サイズ、60枚) 900円
  ファインライター 200円、サラサクリップ 130円、プレピー 400円
○商品ページ: https://kokuyo.jp/pr/perpanep/


「PERPANEP(ペルパネプ)」の特長

1. 3種のオリジナル原紙と、ペンの組み合わせ

「滑るように颯爽と書ける」ツルツル原紙とファインライター
まるで無重力のように軽いタッチでペンが走る超高平滑のオリジナル原紙です。思考の妨げになる引っかかりをできる限りなくし、なめらかな曲線や途切れない直線が、筆圧をかけずに軽いタッチで書き出せます。また、インクの濃淡も出やすく、文字の線や表情を味わえます。

インクが染みだすプラスチックのペン先で筆圧をかけずにスルスル書けるファインライターと組み合わせて使うことで、滑らかな書き味になります。また、ファインライターはペン先を細く削ることで、どの角度でも書きやすく、文字書きにも適したペン先形状となっています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/48998/177/resize/d48998-177-803600-1.jpg ]


「なめらかで心地よい書き味」さらさら原紙と水性ゲルボールペン
質感や書き味にこだわり、様々な種類の筆記具との相性を追い求めたオリジナル原紙です。にじみや裏抜けがしにくく、微細な凹凸が織りなすいつまでも触れていたくなる心地よさを感じながら、軽やかでスムースな筆記感を味わえます。

サラサクリップと組み合わせて使うことで、ジェル(R)インクの特長であるサラサラとした書き味と筆記性能を最大限発揮します。
※Jellはゼブラ株式会社の登録商標です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/48998/177/resize/d48998-177-145618-2.jpg ]


「音を感じる落ち着いた書き心地」ザラザラ原紙と万年筆
オリジナル原紙でザラッとした筆感がありながらも、沈まず軽いタッチでペンが進みます。あえて表面に粗さを残して紙全体を固めに仕上げることで、パルプ繊維のザラザラとした表情を指先に感じさせながらも、軽やかで落ち着いた書き味です。また、インクの濃淡が出やすく、文字や線の表情を味わえます。

プレピー万年筆と組み合わせることで、金属製のペン先が紙面の細かな凹凸を拾い、軽いタッチでも紙面をなぞる際の摩擦と音が、心地良い筆記体験を生み出します。
[画像4: https://prtimes.jp/i/48998/177/resize/d48998-177-857797-3.jpg ]



2. 書き心地にこだわったフラット製本
フラットに開くので、筆記の際に手で押さえるストレスがなく、A5サイズのノートを見開きでA4の用紙とみなして使用することも可能です。また、見開きで使用した際に、撮影やスキャンをキレイに行うことができます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/48998/177/resize/d48998-177-119651-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/48998/177/resize/d48998-177-696811-5.jpg ]


3. クリエイティビティをサポートする、5種の罫線
ペンのインクカラーを引き立たせる無彩色の罫線を採用しました。図や文字を書くのには邪魔にならず、かつ書くときはアシストになる、ほどよい濃さを追求しています。
[画像7: https://prtimes.jp/i/48998/177/resize/d48998-177-634152-6.jpg ]


3mm方眼罫
細かい図や表、デザイン、設計シーンに。

4mm方眼罫
文字を書きやすく見やすいサイズ感。
フレームワークなどに。

5mm方眼罫
見開き使用で図やマインドマップなどに

4mm方眼ドット罫
自由度の高い無地と方眼の良さをあわせ持つ罫線。
イラストや図がメインで、文字を併記するシーンに。

6mmステノ罫
真ん中にタテ罫が1本入った罫線。
インプットとアウトプット、議事録と課題の書き分けなどに。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング