エフセキュアの2015年個人ユーザ向け製品は、あらゆるデバイスの一括保護がポイント

PR TIMES / 2014年9月24日 9時28分

エフセキュアの調査によれば、個人ユーザはモバイルデバイスよりもPCの保護に重点を置いています。F-Secure SAFEは、インターネットセキュリティをすべてのコンピュータとデバイスに1つのパッケージで提供します。

ヘルシンキ発 - 本社発表資料抄訳

エフセキュアは本日、新たに刷新した2015年個人ユーザ向け製品のラインナップを発表します。今年の特徴はマルチデバイス インターネット セキュリティです。新しいF-Secure SAFEは機能が改善され、ユーザのすべてのデバイス(WindowsおよびMacのPCや、Android、iOS、Windows Phone 8を搭載したスマートフォンやタブレット)向けに、高い評価を得ている*セキュリティを1つのパッケージで提供します。その他の注目すべき製品としては、エフセキュアのPC向け主要製品であるエフセキュア インターネット セキュリティ2015(効果的な拡張機能を搭載)、およびエフセキュア アンチウイルスが挙げられます。

現在のマルチデバイス時代においては、マルウェアも同様にマルチデバイス化してきました。しかし、エフセキュアの最新の調査**によれば、オンライン攻撃について絶えず報道されているにもかかわらず、ほとんどのユーザは、オンラインライフの安全を確保するために、所有するすべてのデバイスを保護しているとは言えません。PC所有者の6割以上がコンピュータまたはノート型PCにセキュリティソフトをインストールしている一方で、Android搭載のスマートフォン所有者でデバイスにセキュリティソフトをインストールしているのは、4人に1人の割合にすぎません。その数は、Android搭載のタブレットでは16%、iPhoneやiPadでは6%、Windows PhoneやMacコンピュータでは3%にまで減少します。

エフセキュアのコンシューマ・セキュリティ担当エグゼクティブ・バイスプレジデントを務めるサム・コンティネンは次のように述べています。「人々がすべてのコンピュータやデバイスを保護していないのは不思議なことではありません。平均的な家庭にあるデバイスの数を考えれば、それは大変面倒なことでしょう。しかし、あらゆるデバイスには保護が必要です。マルウェア、データの損失や盗難から守るために、また子供たちを不適切なコンテンツから守るためには保護が不可欠なのです。そこで当社は、PC、Macコンピュータからモバイルデバイスまで、すべてのデバイスを保護できるシンプルかつ柔軟な1つのセキュリティパッケージを提供するのです。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング