トリップアドバイザー、ボストン コンサルティング グループとの旅行観光業における共同レポートを発表

PR TIMES / 2014年2月6日 12時8分

2030年には中国がアジアの国外旅行市場をけん引 中小都市居住者の需要が大都市圏を上回る

世界最大の旅行口コミサイトTripAdvisor(R)(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ:TRIP、CEO:スティーヴン・カウファー、日本語版サイト:http://www.tripadvisor.jp)とグローバル経営コンサルティング会社ボストン コンサルティング グループ(The Boston Consulting Group、以下 BCG)は、「成長する10億人規模のアジア人旅行者を獲得するには―― まずは中国から」と題する旅行観光業の将来に関する共同レポートを発表しました。レポートによると、2030年までの世界の旅客者数の伸びの5割以上がアジア太平洋地域に由来し、全旅客の49%はアジア太平洋地域内におけるものか、またはアジア太平洋地域と他の地域間の移動によるものになると予想されています。

これらの伸びの最大の要因は中国人旅行者の増加によるもので、2030年には、アジアにおける国外旅行の40%は中国人旅行者が占め、また、中国国内旅行市場も、米国を抜いて世界最大規模に達すると見られています。具体的には2030年までに、中国都市部の住民による旅行規模は国内外合わせて、現在の年間5億件から17億件に増加、旅行観光に対する消費総額は、現在の約7倍にあたる1兆8,000億米ドルに達する見込みで、とりわけ海外レジャー市場では、消費額ベースで年率15%もの急速な伸びが予想されています。

日本においては、2013年12月に月間訪日外客数が前年同月比25.4%増の85万5千人に上り、12月の訪日数としては過去最高を記録したほか、年間訪日外客数では初めて1,000万人を突破。とりわけ、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナムなどのアジア各国の12月の訪日数は過去最高を記録しています。(日本政府観光局(JNTO)調べ)また、観光庁の訪日外国人旅行消費額に関する推計(2013年)では、国籍・地域別の旅行消費額は、多い順に、中国(2,759億円)、台湾(2,475億円)、韓国(1,978億円)、米国(1,362億円)と続く結果に。訪日外国人一人あたりの旅行支出額でも、全体平均136,704円に対し、中国からの旅行者では209,899円とオーストラリア(213,056円)に次ぐ高い水準となったほか、費目別では、買い物代が全国籍平均44,691円であるのに対し、中国籍旅行者の平均は110,058円と全体平均を2倍近く上回る数字となり、中国人旅行者の消費意欲が依然高い傾向にあることが示されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング