【報道参考資料】南スーダン コレラ感染拡大とまらず、59名死亡

PR TIMES / 2014年7月7日 16時37分

日本人スタッフ3名活動中



※本信は ユニセフ・南スーダン事務所の情報を日本ユニセフ協会が独自に翻訳・編集
したものです
※原文は http://www.unicef.org/appeals/files/UNICEF_South_Sudan.pdf
でご覧いただけます


【2014年7月2日 南スーダン・ジュバ発】

2014年6月26日~7月2日の情勢レポートです。

■数字で見る概況
・昨年12月15日以降、自宅を離れ避難生活を送っている人 110万人
・上記のうち、18歳未満の子ども 58万8,222人*
・上記のうち、周辺国へ避難した人(含・子ども) 39万2,800人
・2014年年末までに必要な人道支援額 1億5,170万米ドル
(約154億7,340万円、1米ドル=102円で換算)**
・現在提供された資金(上記金額に対し) 約32%にあたる4,780万米ドル

出典:OCHA Sitrep #42 2014年6月26日発表
* 国内での登録が終了しておらず、非集計データを利用、18歳未満の人口は人口調査に
基づき算出
**南スーダン危機対応計画とコレラ対応へのユニセフの貢献額に基づき算出


■ハイライト
・北部のユニティー州ベンティウの国連施設内で、栄養不良の子どもが増加
5歳未満で重度栄養不良の子どもは4.9%、中度栄養不良の子どもは15.9%、治療食に
よる治療を開始

・6月29日時点のWHOの発表では、コレラの症例数は2,431件、死者59名
ジュバでの感染状況は落ち着いてきているが、南部の東エクアトリア州のToritと
Lopaで感染拡大

・6月24日、南スーダン政府は公式に、2012年に国連と署名した、政府軍における
子どもの徴用とそのほかの子どもたちへの重大な権利侵害をやめるとの行動計画を
改めて確約


■ユニセフの取り組み
・北部の上ナイル州、ユニティー州では、引き続き
衝突が発生、極めて厳しい人道状況

・約150万人が避難しており、うち10万人が国連
南スーダン派遣団施設内に、39万2,800万人が
周辺国のエチオピア、ケニア、スーダン、ウガンダ
に避難

・ベンティウの国連施設内では、この5週間で
5歳未満の子どもの死亡率が上昇中
1日あたり、1万人中3.38人の子どもが死亡
(5週間前は1万人中2.07人)
食糧不足や水や衛生などの基本サービスがない
ことから、施設に避難する人は増加中
しかし、施設内でも水やトイレが不足しており、
保健状況は悪く、衛生習慣の不十分さなどから
環境は悪い
ユニセフは、パートナー団体と保健、栄養、
水と衛生のサービス拡大を実施、コレラの
感染拡大の予防にも

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング