世田谷区初 太陽熱利用ガス温水システムSOLAMO採用 分譲マンション「ジオ等々力」(総戸数69戸)登場 平成26年7月19日(土)より販売開始

PR TIMES / 2014年7月17日 17時11分

阪急不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:島田隆史)は、東京都世田谷区等々力に開発中の「ジオ等々力(総戸数69戸)」の第1期販売を7月19日(土)より開始いたします。



【第1期販売概要】
登録受付期間:7月19日(土)から7月26日(土)まで   販売戸数:22戸
専有面積:47.68平方メートル~104.76平方メートル  間取り:1LDK~4LDK
販売価格帯:4,490万円~10,950万円         最多販売価格帯:6,800万円台(5戸)

当物件は3LDK・70平方メートル台中心のファミリータイプで、外観デザインには等々力渓谷をイメージした土の風合いが感じられるブラウンのタイルを採用し、深みと質感を強調しています。また敷地面積の約18%を緑地化したゆとりあるランドスケープに、外周部には四季を彩る植栽を設置しています。

    【ジオ等々力物件ホームページ】 http://g-todoroki.jp/

■ 世田谷区初 (※)太陽熱利用ガス温水システム(SOLAMO)の採用等、環境に配慮
集熱パネルで太陽熱を集め、給湯やお風呂のお湯張りに利用できる太陽熱利用ガス温水システム(SOLAMO)を一部住戸に採用。その他にも住戸の全ての窓ガラスにLOW-E複層ガラス、LED照明の採用(一部除く)等、環境に配慮しています。

※「戸別パネル屋上設置型SOLAMO」は東京ガス株式会社の製品で、本物件が世田谷区の集合住宅で初の採用となります。

■ お客さまの声を集めて生まれたプラスαのスペース「フレックステラス」
一部住戸には、リビング・ダイニングに続くプラスαのスペース「フレックステラス」を設置。大きな開口が特徴の、陽光や自然とつながる空間です。
「フレックステラス」の企画に際しては、お客さまへのグループインタビュー、またホームページ上でのアンケートを実施し、どのように活用したいか多くのアイデアをいただきました。子供の様子を見守ったり、趣味を楽しんだり、家族のコミュニケーションを育む場所として使うことで、暮らしの幅が大きく広がります。

【グループインタビューの様子】 http://www.geo-thetokyo.com/monitor/g-todoroki/index.html

弊社では、お住まいいただいている方の声を基に、暮らしのアイデアをカタチにする取り組みを行う「ジオフィット プラス」など、今後も、お客さまの声を活かした商品づくりに積極的に取り組んでまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング