【プレスリリース】イラク 大規模ポリオ予防接種キャンペーンを開始

PR TIMES / 2014年8月12日 14時17分

国内避難民、シリア難民の子ども400万人を対象



※本信は ユニセフ本部の情報を、日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74743.html でご覧いただけます


【2014年8月11日 エルビル(イラク)/アンマン(ヨルダン)発】

イラクで4日間に及ぶ大規模なポリオ予防接種キャンペーンが開始されました。
国内にいる5歳未満の子ども400万人以上が対象です。ポリオは手足が麻痺する恐れの
ある感染症です。

本キャンペーンは、イラク保健省がWHO(世界保健機関)とユニセフの支援を受けて
実施します。イラクでは、今年初めに14年ぶりとなるポリオの感染が確認されており、
その対策の一環として行われます。


ユニセフ・イラク事務所代表のマルツィオ・バビルは「暴力と混乱から逃れようと、
子どもたちが国内を大幅に移動している難しい時期に、本キャンペーンは実施
されます。ポリオを封じ込めることは、ユニセフにとって最優先事項です。すべての
子どもにポリオの予防接種を行い、麻痺から守らねばなりません」と述べました。

予防接種は、紛争地域や避難者が身を寄せている地域、また避難者を受け入れている
住民たちも含めて、すべての子どもたちを対象に実施されます。イラク国内では現在、
国内での戦闘などで今年初めから120万人近くが自宅を離れ、避難生活を送っていると
みられています。このうち約20万人は、クルド自治区でわずかこの3日の間に避難した
人たちです。そしてそのうち、半数にあたる10万人ほどが子どもだと推定されています。

WHOイラク事務所のシド・ジャファ・フセイン代表は「暴力が広まるにつれ、家族と
共に避難する子どもの数は3倍にも膨れ上がりました。子どもたちは多くの人たちと
身を寄せて生活しています。こうした環境では、感染症に感染するリスクが高まります。
WHOは、イラク保健当局とパートナー団体とともに、厳しい環境にある住民たち、特に
子どもたちをポリオから守るべく、活動しています」と述べました。


イラクで14年ぶりとなるポリオの感染が確認された背景には、特に紛争地域で家族や
子どもたちに予防接種を行うことが難しく、子どもたちが予防接種を受けられなかった
ことがあげられます。つまり、ワクチンで予防可能な四肢の麻痺や治療不可能な病気が、
イラクではより広く発生する恐れが起きています。WHOとユニセフはイラク保健当局を
支援し、クルド自治区の3州を含む12州において、予防接種を行います。クルド自治区
では、約25万人のイラクの子どもとシリア難民の子ども12万5,000人が生活をしています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング