【プレスリリース】 『2030年世代/アフリカ報告書』を発表 世界の5人に2人の子ども、アフリカで誕生へ

PR TIMES / 2014年8月12日 17時4分



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、編集したものです
※原文をご入用の方は、広報室までお問合せください


【2014年8月12日 ヨハネスブルグ 発】

ユニセフは本日、『2030年世代/アフリカ報告書』(原題:“Generation 2030/Africa
Report”)を発表。報告書のなかで、アフリカの子ども人口の増加予測は過去に前例を
みないほどであり、政策立案者は、この人口増加の恩恵をアフリカ大陸や世界が享受
するために、子どもに焦点を絞った投資戦略を立てる絶好の機会を迎えている、
と指摘しました。


『2030年世代/アフリカ報告書』によると、アフリカでは今後35年間にわたって、高い
出生率と妊娠・出産可能な年齢の女性の数の増加でおよそ20億の赤ちゃんが誕生し、
アフリカ大陸の人口は2倍に増加、18歳未満の人口はおよそ10億人(現在より3分の2増加)
に達すると見込んでいます。

報告書のなかで最も重要な指摘のひとつは、世界の子ども人口に対してアフリカの
子どもの数が占める割合が、大幅に増加している点です。2050年までに、世界の出生数
のおよそ40%、そして、世界の子ども人口のおよそ40%が、アフリカの子どもたちで
占められると予測されています。

ユニセフ東部・南部アフリカ地域事務所代表のレイラ・パカラは、「本報告書は、
アフリカの子どもたちについて、世界、地域、国レベルでの対話を促すきっかけと
なるに違いありません。子どもたちの健康や教育、保護に対し、今、行動を起こす
ことで、アフリカはその経済的な成果を得られます。過去にアフリカと同じような
人口増加の過程をたどった他の地域や国々も、同じように恩恵をうけてきました」
と述べました。


アフリカ全土で子どもの生存率が向上している一方で、世界の子どもの死亡の約50%は
依然としてアフリカの子どもたちであり、その割合は2050年までに約70%にまで増える
恐れがあります。アフリカの子ども10人に3人は、政情が不安定で紛争の影響がある
環境下で暮らしています。また、アフリカの人口のほぼ60%が、2050年までに都市で
生活するようになる可能性があります。

本報告書は、特に、アフリカで最大の出生数を誇るナイジェリアに注目するよう呼びかけ
ており、2050年までに、世界で生まれる子どもの10人に1人が、ナイジェリア生まれと
なる見込みです。

ユニセフ・西部・中部アフリカ地域事務所代表のマニュエル・フォンテーンは、アフリカ
の子どもたちが、アフリカ大陸を変革し、貧困と不平等の悪循環を断ち切れるかどうかは、
子どもたちのための公平なプログラムや政策にかかっている、と指摘しています。

「しかしながら、もしアフリカの子どもたちへの投資が優先されなければ、アフリカ大陸
は今後数十年にわたって起こる人口増加を最大限に活かすことはできないでしょう。公平
で誰もが受け入れられる政策なしでは、この人口増加のペースは水面下で貧困撲滅の試み
を妨げ、不平等を助長する恐れがあります」

『2030年世代/アフリカ報告書』では、特に、リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に
関する健康)サービスへのアクセス向上と、女の子の権利を拡大し、女の子が学校に通い
続けられるように、呼びかけています。各国の国家開発計画は、とりわけ、より強固な
市民登録システムと人口統計システムを用いることによって、人口増加へ向けた準備を
盛り込まなければなりません。「アフリカの子ども人口の爆発的な増加は、アフリカ大陸
が直面している最重要課題の一つであり、実際に、世界にとっても極めて重要な問題
なのです」と、ユニセフは報告書で述べています。


■報告書原本(英語)
以下のリンクよりダウンロード可能です。  http://uni.cf/gen2030

■『2030年世代/アフリカ報告書』主な統計

1.今世紀中ごろまでに、世界の人口のなかでアフリカの人口が占めようになる割合
(世界人口推計による)


・世界で生まれる赤ちゃんのおよそ41%
・世界の5歳未満児のおよそ40%
・世界の18歳未満の子どもの37%
・世界の青少年の35%


2.高まるアフリカの存在

・現在、100人のうち16人がアフリカ大陸に居住
・この傾向が続けば、今後35年以内に、100人のうち25人がアフリカに居住するように
・今世紀末までに、100人のうちおよそ40人がアフリカに居住することに


3.人口に占める子どもの割合が最も高いアフリカ

・労働人口100人のうち73人が15歳未満の子ども(2015年時点)
・この値は、世界の平均の2倍近い


4.都市化の波はとどまらず、今後25年以内に、アフリカの人口のほとんどが
都市部に住むことになる

・2015年時点、アフリカの人口の40%が都市に居住
・2030年後半までに、アフリカの人口の半数以上が都市部に住むことになる


5.アフリカにおける子どもの生存は向上している一方で、世界と比べると死亡率は
 依然高い

・11人にひとりの子どもが、今なお5歳の誕生日を迎えられず死亡
・この割合は高所得国の平均と比べ14倍高い
・アフリカ大陸で死亡する子どもの数は、現在、世界の子どもの死亡数の50%以上を
占めている


■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036  Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または
James Elder, ユニセフ・東部・南部アフリカ地域事務(在ナイロビ) 広報チーフ
+254-715-581-222  jelder@unicef.org
Thierry Delvigne-Jean, ユニセフ・西部・中部アフリカ地域事務(在ダカール)
広報チーフ +221-778-192-300 tdelvignejean@unicef.org


■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動
の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング