冲方丁×堀江貴文、初対談が実現! 型破りな俊才たちの意外な共通点とは?

PR TIMES / 2013年11月27日 14時19分

角川書店 ブランドカンパニー



歴史小説に手を染めるやいなや、『天地明察』『光圀伝』と新作が出るたびに、その斬新な視点と、好奇心を刺激する物語で読者を魅力してきた小説家・冲方丁さん。
一方、堀江貴文さんは『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』の中で『天地明察』を絶賛。
型破りなアイディアで、常に世間を驚かせてきた2人の俊才の初対談が読書情報誌「本の旅人 12月号」(角川書店)にて実現しました。

冲方さんの最新歴史小説『はなとゆめ』(角川書店)の話題を中心に、歴史小説の可能性から文化論まで、縦横無尽に語らって頂きました。そして、2人の意外な共通点が〈文化への飢餓感〉であることも判明し・・・。

この刺激的な対談は11月27日発売の「本の旅人 12月号」に掲載されると同時に、『はなとゆめ』の公式サイトにも掲載されます。ぜひご覧ください。


【書誌情報】

●『はなとゆめ』

著: 冲方丁
角川書店より絶賛発売中!

わたし清少納言は28歳にして、帝の后である中宮定子様に仕えることになった。
華やかな宮中の雰囲気に馴染めずにいたが、17歳の定子様に漢詩の才能を認めら
れ、知識を披露する楽しさに目覚めていく。貴族たちとの歌のやり取りなどが評
判となり、清少納言の宮中での存在感は増していく。そんな中、定子様の父であ
る関白・藤原道隆が死去し、叔父の道長が宮中で台頭していく。やがて一族の権
力争いに清少納言も巻き込まれていき……。
異才・冲方丁が描く、美しくも心ふるわす清少納言の生涯!

【価格(税込)】1575円 【体裁】四六判上製

ISBN 978-4-04-110604-4-C0093

【『はなとゆめ』公式サイト】
http://www.kadokawa.co.jp/hanatoyume/
【『はなとゆめ』Facebookページ】
https://www.facebook.com/ubukatahanayume

【『はなとゆめ』Twitterアカウント】
@ubukatahanayume

異才・冲方丁が描き上げる平安王朝絵巻『はなとゆめ』公式PVはこちらから!

http://www.youtube.com/watch?v=QHnRcgkse6k


電子書籍はこちらから!
【BOOK☆WALKER公式サイト】
http://bookwalker.jp/

■著者紹介 冲方丁(うぶかた・とう)
1977年岐阜県生まれ。96年『黒い季節』でスニー
カー大賞金賞を受賞してデビュー。2003年『マル
ドゥック・スクランブル』で第24回日本SF大賞受賞。
09年、『天地明察』で第31回吉川英治文学新人
賞、第7回本屋大賞を受賞。12年『光圀伝』で第3
回山田風太郎賞受賞。
・オフィシャルブログ
「ぶらりずむ黙契録」http://towubukata.blogspot.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング