クリスマスデートは失敗なしが64%!人気の服装は白いふわもこ系ワンピ/彼氏へのプレゼント、贈る内容を決める時期は早まる傾向/彼氏いない派も約60%は誰かにプレゼントを贈る予定。一人で過ごす人はゼロ

PR TIMES / 2014年12月9日 14時2分

女子高生・女子大生※を対象とした「クリスマスに関する意識調査」

 フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗 以下、フリュー)が運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関『GIRLS’TREND(ガールズトレンド) 研究所』は、2014年10月~11月に「クリスマスに関する意識調査」を実施しました(サンプル数:214)。調査対象はいずれも、フリューが運営する、プリントシール機で撮影した画像を取得・閲覧できるサービス「ピクトリンク」の会員の女子高生・女子大生※です。調査結果を以下のとおり発表いたします。



◆TREND1. クリスマスデートは失敗なしが64%!人気の服装は白いふわもこ系ワンピ
 去年よりも今年のクリスマスの方が楽しみと回答した割合は、彼氏がいる派の方が約40%多く、クリスマスは彼氏がいるかどうかがモチベーションに影響することが分かりました。
 そんなクリスマスのデートについて調べたところ、全体の64.0%が「失敗談は特にない」と回答。一方、失敗談としては、「気合いを入れて高いヒールの靴を履いたら足が痛くなりスリッパでイルミネーションをみた」「プレゼントを忘れた」などが出ました。デートを成功させるためには、計画性や楽しむ気持ちが鍵となるのかもしれません。
 なお、好きな人とのデートに着たい服の上位3位には、「ワンピース」「かわいい系」「ニット」がランクイン。他にも「白っぽい服」や「ふわふわ、もこもこ」など、柔らかく女性らしい印象を演出する要素が上位10位以内に多く見られました。


◆TREND2. 彼氏へのプレゼント、贈る内容を決める時期は早まる傾向
 彼氏がいるのは回答者全体の55.1%。そのうち93.2%が彼氏にクリスマスプレゼントをあげると回答しました。予算の平均額は彼氏いない派に比べて3,454円多く、贈る内容は「アクセサリー・指輪」が第1位、「手袋・マフラー」が僅差で第2位でした。また、「まだわからない」という割合は、2012年11月に当研究所が実施した調査結果と比べて22.0%減っており(女子高生のみの数値で比較)、彼氏へのプレゼントは早めに決める傾向にあることが分かりました。


◆TREND3. 彼氏いない派も約60%は誰かにプレゼントを贈る予定。一人で過ごす人はゼロ
 彼氏いない派がクリスマスを一緒に過ごす相手は、第1位女友達(42.7%)、第2位家族(18.8%)、第3位仕事・バイトをして過ごす(10.4%)となりました。一方、一人で過ごすと回答した人は全体でゼロという結果に。また、彼氏がいない派も、うち58.3%は誰かしらにクリスマスプレゼントを贈る予定だと判明。贈る相手と一緒に過ごす相手の数値が近いことから、一緒に過ごす人にはプレゼントを贈る人が多いということが伺えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング